ID非公開

2020/2/24 11:11

22回答

親会社の非連結子会社に対する貸付金は、連結財務諸表には計上されない。 → 回答 × 非連結子会社の親会社からの借入金は、連結財務諸表に計上されない → 回答 ◯ ビジネス会計検定2級

親会社の非連結子会社に対する貸付金は、連結財務諸表には計上されない。 → 回答 × 非連結子会社の親会社からの借入金は、連結財務諸表に計上されない → 回答 ◯ ビジネス会計検定2級 の問題です。 上記の2つの回答が理解できません。 どちらも相殺され、計上されないと思うのですが違うのでしょうか。 教えてください。よろしくお願いします。

会計、経理、財務 | 法律、消費者問題65閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

非連結子会社は、連結に取り込まないので、結果としてグループ外の取引先と同様になります。 ご質問でいえば、グループ外の取引先に対する貸付金は連結財務諸表には計上されない→×、ですし、グループ外の取引先が計上する借入金は連結財務諸表には計上されない→◯、ですよね。これと同じです。 やや乱暴ですが、連結では、非連結子会社はグループ外の取引先と似たような扱いになる、と考えてしまってもいいかもしれません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

やんわりですが掴めた気がします。 ありがとうございました!

お礼日時:2/24 20:00

その他の回答(1件)

0

連結会社間の貸借科目は消去されますが、非連結であれば消去対象となる貸借がないので消去できません。 連結しない会社の貸借は連結財務諸表に表示しようがありません。連結していないのだから。

ID非公開

質問者

2020/2/24 13:32

回答ありがとうございます! どうして、双方 非連結子会社に関する問いであるのに連結財務諸表に計上されるものとされないものがあるのでしょうか? 理解力が乏しく申し訳ありません…。