町内会の班長について

町内会の班長について 今年度、アパート(6戸)の町内会班長をやっておりますが、次年度への引き継ぎがうまく行かずに悩んでおります。 班長は毎年持ち回りで、回覧物の回覧や集金等がだいたいの仕事です。 引き継ぎの時期になりますので、例年の通り12月中に次の部屋番号の方へお願いし、直筆にて名簿に記名してもらい、1月に町内会に提出しました。 しかしながら、引き継ぎ会議を半月前に控えた今、その方から「仕事が忙しくなったのでやはり無理です」と手紙を頂き困っております。 何度もお家を訪ねてみても居留守。仕方なく、みなさん時間がない中で順番で担当しているのでお願いしたいこと、もうすでに名簿に記入しているし引き継ぎまで時間がないため、他の方にするなら自身で理由を説明して代わってもらってほしいとお手紙に書いてお願いしました。 が、数日後「自分は班長ではないので代わりを探す義務はありません」とまた手紙で返事がありました。 正直、もう名簿は提出しているし、一度も顔を見せずに手紙でギリギリのタイミングで態度を翻す不誠実さに、スルーしたい気持ちは山々なのですが、それでは私も無責任だし他の方が困るよなあと複雑な気持ちです。 私はどうすべきでしょうか? 町内会には確認しましたが、やはりアパート内で話し合って決めてほしいとの答えでした。 高齢で足が不自由等の都合がない限りは、極力協力してもらってほしいとも言われました。 実はその人の次の方(3番目)も居留守の常連で、集金の際も一度もお会いしたことありません。 今から引き継ぎまでの2週間で文通のみできちんとやり取りができるのか不明です。 更にその次の方(4番目)には簡単にお会い出来ますが、6戸中2戸も飛ばして(しかも特別な理由なく)ギリギリにお願いして良いものか……。 どなたか知恵をお貸しください。

ベストアンサー

0

相手は、あなたが来年度引っ越すことは知っているのでしょうか?知らなければ、「このままにしておけば、またあなたが続けてやってくれるのでは?」と思っている可能性もあると思います。あるいは、職場の人や親に話したら「アパートで自治会の班長なんて、やらなくてもいいんじゃない」などと言われたとか。 自分なら、「12月中に受けていただくと確認した時点で、あなたが来年度の班長になることは決まっています。もし、あなたができないのなら、あなたの方で次の班長を誰かにお願いして下さい。私自身来年度引っ越すので、これ以上班長を決める交渉などをお手伝いすることはできません。実質的には回覧を回すことと集金くらいですので、できれば何とかお願いします」などと伝えると思います あとは、アパートとして町内会に加入することになっているなら、大家さんなどに相談するとか。

回答ありがとうございます。 うちが引っ越すことは伝えてありません。 本当におっしゃるとおりです。 主人も、署名した時点で決まっているのだからもう放置する。勝手なことをするやつの尻拭いまでしてやる必要はないと憤慨しております。 上層部含め周囲はどこも「アパート内で話し合って決めて」と丸投げです。 ご回答いただきました文を参考にしつこくまた手紙を入れてみようと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます、最もベストな対応だと感じました。 どの家庭も助け合おう、近所と上手くやろうという意思なく、自分さえよければそれで良いという考えのようで、どんな対応をした所で上手く解決などしないのだと学びました。 結果的には、無理矢理押し付けて「もう知らない」で引っ越しすることになりそうですね。

お礼日時:3/3 12:16

その他の回答(3件)

0

アパート全体で町内会を退会したら良いわ

回答ありがとうございます。 その結論を出すのは次年度班長を探すよりも大変かつ論点がずれてしまうので今回は見送ろうと思います。 あと4ヶ月程で私は引っ越しますし…全体のお世話までしていられません。

0

町内会の役員の方に相談したらどうでしょうか。班長が代わりを探す義務もないはずです。

周囲は全て「アパート内で話し合って決めて」と丸投げです。 町会からは次年度班長選任も班長の仕事と伝えられております。 うちは仕方なくですが、輪番ということでゴネることなく引き受けましたので、前の方が少し羨ましいです。

0

仕事は、回覧と集金くらいですか? でしたら、「回覧くらいはお手伝いしますから、やってもらえませんか?」と声掛けをします 集金は、その人に回ってもらうのではなくて、その人の都合のいい時間を先に言ってもらって、みんなが持っていくようにします あまやかしすぎですかね?

回答ありがとうございます。 年3回の会議や地域清掃などありますが、出られる人のみで良いというスタンスです。 なので名前を貸すだけでも良いので、と手紙に書きましたが無理の一点張りでした。 残念ながらうちは来年度に引っ越しの予定があるため、手伝うことはできません。