YouTubeなんかのスノーボードのグラトリなんかのハウツー動画でよく“板に乗る”だとか“板の◯◯側に乗る”だとかっていう言葉が出てくるんですけどこの“板の◯◯側に乗る”だとかっていうのは一体どういう意味?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

スノーボード関係ない一般的には、乗るというと足を置いて乗るというのがイメージとしてありますもんね。スノーボードは足を固定してるので足を動かして板の外側に乗ったりするのはワンフットでないとできません スノーボードで板の外側に乗る、テールに乗るなどの言葉は、「重心を板の外側に近づける」くらいの意味に取るのがいいと思います。スノーボードは多少大げさに体を動かした方がいいので、外側に乗るイメージで大きく重心を動かすと良いということだと思います

0

分かりやすく説明するならば重心や体重の支点をそこに移すってことです。 プレスでよく「バインの外側に乗る」といいますが、これはバインの外側に体重を預けるように軸を移すことを指します。 ノーリーで「ノーズ側のヒールエッジを踏みにいく」とかいいますが、これはノーズ側のヒールエッジのエッジングを強めることを指します。 他の方が言うように、感覚の言語化というものは難しいです。 ちなみに質問者様が言う常に乗っている状態ですが、「どこにも乗っていない状態」と思ってください笑 何か特別なことをしようとした場合、乗る、踏むという表現が発生すると思った方が分かりやすいですよ。

0

感覚の言語化ってそんなもんだし、理解できないですよ。 ハウツーとか言ってるけど、ただ自分がやった事をスロー再生してこんな風にしてますよ、という確認作業でしかなく、結局出来た!っていうのはハウツーのおかげではなく、自分のスノーボードの技術が経験により上がっただけっていうね。 つまり。頭で考えるのやめましょう。トリックを仕掛ける1秒以下の一瞬でフレックスだトーションだエッジだ体重移動だなんて考えられるのはもう人間じゃない。 動画のカッコいい!やりたい!技ありますよね??それを何度も何度も真似てみてれば何となくやり方がわかるようになりますから!

0

初めまして。 おそらく、それはハウツー動画の方が感覚的な表現をされているのでそう感じるんだと思います。 私も初心者に教える時は、重心の位置をコントロールしてもらうために板に乗るといった表現を使います。 よく初心者はスピードが出るのを怖がって後傾になるんですけど、それは重心が板の後ろ側(後ろ足)に乗ってるのが原因なので、板に立つとか板の真ん中に立つと言って、出来るだけ後傾時の重心位置を前足側に移動してもらうようにしています。 もし機会がありましたら、ハウツー動画で配信者がどのような体重移動を意識されているのかを考えながら視聴すると分かってくるかもしれません。