ここから本文です

温暖化係数と地球温暖化に与えてる物質の割合教えて欲しいです

amf********さん

2020/3/510:38:13

温暖化係数と地球温暖化に与えてる物質の割合教えて欲しいです

閲覧数:
16
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yam********さん

2020/3/706:54:42

温暖化係数はWikipediaに載っています。

温暖化に影響している物質の割合は、
国立環境研究所のサイトによると、
水蒸気 48%
二酸化炭素 21%
雲 19%
オゾン 6%
その他 5%
と説明されています。

https://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/11/11-2/qa_11-2-j.html

懐疑論者が水蒸気の温室効果が95%という数字を使っていますが、どのような条件下での数字なのか、説明しているのを見たことがないですし、
リンクで説明されているように、二酸化炭素単独での温室効果にプラスして、(二酸化炭素の寄与分で)気温が上がった影響で水蒸気濃度が上がるため、フィードバックが働くことで、二酸化炭素の濃度が変化し続けている限りは温暖化が続くと考えられます。
水蒸気の温室効果がほとんどだという主張をしても、温暖化を否定したことにはなりません。

質問した人からのコメント

2020/3/9 23:15:19

初めてこのようなデータがあることを知りました。ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/3/518:17:50

http://www.jccca.org/chart/chart01_02.html
温室効果ガスの特徴、地球温暖化係数

http://www.ecofukuoka.jp/image/custom/data/santei/keisuu.pdf
地球温暖化係数一覧

http://www.jccca.org/chart/chart01_03.html
温室効果ガスの温暖化への寄与度 (水蒸気を除く)

https://diggingintheclay.files.wordpress.com/2011/02/ed1.png
温室効果ガスの寄与度 (水蒸気を含む)

以上は公式見解です。

しかし、CO2が吸収可能な14~16μmとメタンが吸収可能な7.6μmの地球放射は既に全部吸収されていて、宇宙への透過率はゼロですから、それらの濃度が上昇してもさらに赤外線を吸収するのは不可能であり、温暖化しません。

濃度が上昇すると、地球放射の遠赤外線の吸収が増えて、放射冷却が減り、温暖化する可能性があるのは、波長8~13μmの大気の窓領域に赤外線吸収波長が存在するフロン、代替フロン、対流圏オゾン(光化学スモッグの主体)だけです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B0%97%E3%81%AE%E7%AA%93
大気の窓

1980年代から科学的知見を無視して、政治的に主流となっている温暖化CO2原因説はえせ科学、現代の天動説です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/3/517:45:43

温室効果ガスの地球温暖化係数
https://www.ecofukuoka.jp/image/custom/data/santei/keisuu.pdf

また温室効果ガスとしての水蒸気については
http://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/11/11-2/qa_11-2-j.html
を読んでください

CO2は415ppm
水蒸気は4~5%

メタンも増えています
https://ds.data.jma.go.jp/ghg/kanshi/ghgp/ch4_trend.html

しかしメタンをCO2換算にしても、CO2濃度に遥かに及びません。CO2濃度の上昇が地球温暖化を招き水蒸気量も増やせば温暖化を増幅させます。CO2濃度が増える原因は人為的なもので、それによる水蒸気量の増大は自然現象です。しかしCO2排出量を削減すれば地球温暖化にはストップをかけられるのです

このまま温暖化が続くとアメリカ大陸やユーラシア大陸の凍土地帯に封じ込められているメタンが凍土融解によって1億トン短期間に放出されたら温暖化は加速されます。

chijiu0055さん

2020/3/511:01:45



過去に出された、IPCCモデル報告書等では、温室効果気体の赤外線吸収・再輻射現象でもって大気温度が上がる(はず)と書いていた。CO2等の赤外線作用のでもって温暖化?作用が出る(はず)と言ってる。けれどけれど、そこの赤外線吸収・再輻射現象での大気温度上昇?はほとんど無視出来るほどに小さいのが実態。つまりIPCC報告書には科学的な根拠はほぼ無いのですよ!温暖化係数?だとか、地球温暖化へ与える影響?という議論?は、基本的に間違ってる内容なのですよ!そこを判って理解して調べて欲しいのです。
(温室効果気体?GHGsという概念?議論は、非常に危うい、無意味な研究なのでしょうね!はっきり言うと、無意味な箇所なのですよ!)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる