主人が相続した土地に賃貸アパートを建てます

主人が相続した土地に賃貸アパートを建てます 自己資金6千万で残り4千万アパートローンを組みます 自己資金のうち3千万は主人が、残りの3千万は妻である私の母から借入ます、この時主人が借手、義母(主人から見て)が貸手の借用証書をつくります、私は専業主婦ですが アパートローンの連帯保証人になる予定です、別の考え方として私が母から借りて借主となり借用証書をつくりアパートを主人と私の名義にすると税法上何かメリットがありますか?また他に税法上何かメリットのある方法はありますか?

ベストアンサー

0

質問者さんがお母さまから借りたとして、質問者さんには返済能力があるのですか? パートでもしていて、返済することができるならいいですが、返済能力がないのなら、質問者さんではなくて、ご主人が返済することとなるので、後で問題となることがあるので、注意してください 2人の名義にした場合、アパートからでる収入について、持ち分の割合で分けることになるので、その収入次第で、ご主人の扶養がどうとかって問題が発生してきます また、すべてご主人の取り分となれば、当然ご主人の払う税金は増えますが、一部を質問者さんの取り分として申告したら、その分税が安くなる可能性もあります 家賃収入次第なので、メリットとなるかデメリットとなるかはこの質問だけではわかりません 家賃収入が入るとなると、今後自分たちで確定申告することとなります 練習のつもりで、予想家賃収入から、どっちが得になるか税の計算をしてみてはいかがですか? それと、家賃収入から、ローンの利息分は控除できます 身内から借りていたとしても、利息があるのなら、その分は控除対象となるので、その辺も計算に入れてくださいね