ここから本文です

弁生 粛々 夜川を 渡る。この詩吟について教えてください

hat********さん

2009/1/1211:21:01

弁生 粛々 夜川を 渡る。この詩吟について教えてください

閲覧数:
54,162
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cat********さん

編集あり2009/1/1212:22:43

「不識庵(ふしきあん)機山(きざん)を撃つの図に題す」(頼山陽 作)

鞭聲粛粛夜過河/鞭聲粛々夜河を過る(べんせいしゅくしゅくよるかわをわたる)
暁見千兵擁大牙/暁に見る千兵の大牙を擁するを(あかつきにみるせんぺいのたいがをようするを)
遺恨十年磨一剣/遺恨十年一剣を磨き(いこんじゅうねんいっけんをみがき)
流星光底逸長蛇/流星光底長蛇を逸す(りゅうせいこうていちょうだをいっす)

【作者】 頼 山陽(1780~1832)
江戸後期の儒者。芸州(広島県)竹原の人。父は安芸藩の儒者で山陽はその長男として1780年大阪江戸堀に生まれ、広島で育った。幼少の頃から詩文の天才を持っていた。18歳で江戸に出て昌平黌に学んだが20歳で広島に帰った。性格的に少し常軌を逸するところ有り転々とした。備後の管茶山の廉塾の学頭等もしたが、再婚後京都に定住した。[日本外史]を前老中松平定信の命により進献し、一躍有名になった。

【解説】 不識庵は越後の上杉謙信、機山は武田信玄、ともにその法号である。両雄の川中島での戦いは1553年の第一回から、最後は1561年の5回に及んでいる。この詩は山陽が自分の[日本外史]の資料から謙信の胸中に同情する形で作られている。

【通訳】 上杉謙信の軍はひっそりと鞭音も立てない様にして、夜の内に千曲川を渡って川中島の敵陣に攻め寄せた。武田側は明け方霧の晴れ間に上杉方の大軍が大将の旗を中心に守りながら迫ってくるのを見つけた。この戦いでは謙信は信玄を討ちとることができなかったが、その心中を察すると、誠に同情にたえない。この十年の間一ふりの剣を研ぎ磨いて、その機会を待ったのであるが、うち下ろす刀光一閃の下に、ついに強敵信玄をとり逃がしたのは無念至極なことであった。

質問した人からのコメント

2009/1/12 14:45:58

感謝 有難うございました

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる