金魚さんの尾鰭に白っぽいものがあるのですが、ツリガネムシ病でしょうか?白点病もしくは尾ぐされ病でしょうか? 詳しい方がおられましたら、見立てと治療法を教えて下さい。 体表にはなく

金魚さんの尾鰭に白っぽいものがあるのですが、ツリガネムシ病でしょうか?白点病もしくは尾ぐされ病でしょうか? 詳しい方がおられましたら、見立てと治療法を教えて下さい。 体表にはなく 、尾鰭のみです。 他、変わったところはなく、元気に泳いではいます。いつも通りの餌量で糞の状態も良好です。 ・桜東錦 体調約10cm ・50cm水槽に水量30ℓ 単独飼育 ・上部フィルターのみ ・餌は、冷凍赤虫とゴールドプラス ・水換え頻度は1〜3日に1/5 まだ立ち上がっていないためです。 バイコムスターターキッドでは、水質に問 題はなさそうでした。 画像を載せています。横向きにしか掲載出来ず、見にくいかもしれませんが、ご確認お願いいたします。

画像

アクアリウム154閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

1人が共感しています

ベストアンサー

0

◎白い斑点が尾鰭に局限される場合はツリガネムシ病です。赤い矢印の部分が怪しいです。ですがそのお写真からだとハッキリ確認が出来ないです。二枚目の写真を確認して下さい。 そして何時もと変わらず元気なのが、寄生ではなく着床されているので白点病ではないことが言えます。尾腐れ病の可能性は否定出来ないです。何故ならツリガネムシが着床した部分から二次感染で尾腐れ病に移行している事が良くあるからです。 ✾ツリガネムシは淡水へ常在している原生生物です。普段は水質の浄化に役立つ生物ですが水質が悪化したり、新しい生物の導入等で蔓延すると罹患します。擦れ傷にも着床したりします。罹患される個体は何かしらトラブルを抱えています。 新しく何か水槽に導入されたりした場合、水草等も注意が必要です。そして濾過バクテリアが機能している環境下では、ツリガネムシ病は蔓延し辛くなります。 ▪発生の原因等はこちらを参考にして見て下さい。⤵ https://kinngyo.com/byouki/epistylis/ ✾治療は10L以上~20Lの水量を確保して、隔離して治療します。薬剤は色素系の薬剤が有効です。お勧めはアグテンです。アグテンは初回投入の場合は半量から慣らしながら規定量にします。室内灯は遮光は不要です。薬浴は7日間します。ツリガネムシ病の治療は一度の薬浴では中々良くならないです。休薬期間を設けながら2、3回治療が必要です。 ✾アグテンを使用して効果が悪い場合があります。この状況の時鰭にカラムナリス菌の感染を受けている場合があります。 その際次回はフレッシュリーフを使用して、治療をして見て下さい。 動物用医薬品 観賞魚用魚病薬 ジェックス フレッシュリーフ 35g 熱帯魚 熱帯… [楽天] https://item.rakuten.co.jp/chanet/99129/?scid=wi_ich_androidapp_item_share #Rakutenichiba ✾金魚の場合初回をこの薬剤にされてもいいと思います。アグテンのマラカイトグリーンとサルファ剤が使用されています。遮光が必要です。 二回目の治療にアグテンを使用されたり、回復が悪い場合はトリクロルホンを含むトロピカルN規定量+アグテンを規定量の2/3量~規定量を使用して、7日間治療をします。 トロピカルNでの治療は30L水量があれば、3日間に一回全換水がいいです。トリクロルホンは魚害は強くなります。28℃以上の水温にはしないで下さい。 ✾3日間は全換水でそれ以降は、換水を半量~全換水して下さい。温度合わせをしっかりされる事をお勧めします。減った分の薬剤は足してあげて下さい。 ⚠薬浴中の7日間は基本絶食がいいです。そして欲しがらないのに、無理に与えないで下さい。7日間以上の長期治療の際は餌を与えながら治療をして下さい。 餌を与えながら治療したい場合3日間は絶食にして、それ以降で餌を欲しがれば少し与えます。換水2時間以上前がいいです。全換水の場合は2日間は与えない方がいいです。餌を与えますと水質は悪くなります。糞は回収してアンモニア中毒には気をつけてあげて下さい。 追記:立ち上げたばかりの時は一日おきなら1/4量は換水をされた方がいいです。3日間おきなら1/3量位にされた方がいいです。餌を与えながらされている時は特に注意が必要です。 ♕金魚の鰭が長い子は良く二次感染から、既に尾腐れ病に移行している子も多いです。普段見えなかった白い斑点が薬浴で炙り出される事もあります。その為初回治療からフレッシュリーフを使用される事をお勧めします。そしてトロピカルN+アグテンでの治療もかなり有効ですが、尾腐れ病を併発している場合は必ず二次感染から治療をしてあげて下さい。治療は体力と根気の勝負で長期戦の場合は休薬期間や餌を与えながら治療をしてあげて下さい。又長期戦は水質の維持の為の努力も必要です。一度の治療で良くなれば御の字です。回復される事を願っています。 参考になれば幸いです

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

迅速に、とても丁寧に回答して頂きありがとうございました。病気の見分け方やお薬の使い方、水換え頻度まで非常に勉強になりました。教えて頂いたようにしてみます。今後も金魚さんをよく観察しながらお世話を続けます。ありがとうございました(^ ^)

お礼日時:3/20 1:45