ここから本文です

新型コロナウイルスに関係する可能性のあるQ&Aです

主要ニュース、発生状況、受診の目安など最新情報をまとめています。新型コロナウイルス感染症について詳しい情報をお知りになりたい場合、ご確認ください。

新型コロナウイルス感染症 最新情報まとめ

コロナウイルスの臨時給付金は

アバター

ID非公開さん

2020/3/2509:48:19

コロナウイルスの臨時給付金は

やはり商品券なのでしょうか。

子供がいる家庭への3万円給付はどうなったのでしょうか?

コロナウイルスの影響で
金銭面がカツカツ状態なので早く決定して支給してほしいです。。

閲覧数:
373
回答数:
11

違反報告

「臨時給付金 コロナ」の検索結果

検索結果をもっと見る

回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ats********さん

2020/3/3016:14:59

どうなるんでしょうかね。
バラマキとかタンス貯金になるだけとか慎重論もあるけど、ポイント還元とか商品券とか貯金させないようにするような姑息な考えは本当にやめてほしいです。

いつ仕事がなくなるか皆戦々恐々としてるのに、国産牛買ってすき焼きしろってか??今必要なのは食い物じゃなくて、貯蓄がある安心感だと思いますけどねぇ。携帯代も不安な人もいるだろうに。
金があったら国民で何とか凌いでいくので、カネくれ!って話。

他国が現金給付を次々と打ち出すなかで、情けないですね。

san********さん

2020/3/3014:16:08

商品券って昔の地域振興券と同じでしょ?

地域振興券についてウィキペディアに詳しい解説がある。


どうみても選挙目当ての予算のバラマキです。


問題点の方がとても多い。

みて



地域振興券(ちいきしんこうけん)とは
1999年4月1日から9月30日まで日本国内で流通した商品券の一種である。
当初の案ではふるさとクーポン券(ふるさとクーポンけん)と仮称されていた。



概要[編集]

財源を日本国政府が全額補助することで、日本全国の市区町村が発行し、一定の条件を満たした国民に額面1,000円の地域振興券を1人20枚ずつの1人2万円分、総額6,194億円を贈与という形で交付した。


交付開始日から6ヶ月間有効で原則として、発行元の市区町村内のみで使用でき、釣り銭を出すことが禁止され、額面以上の買い物をすることを推奨した。


当初は、全国民に1人3万円分、総額約4兆円の商品券を交付するという案だった。


1999年(平成11年)1月29日の島根県浜田市での交付を皮切りに、2月1日に北海道新冠郡新冠町、福島県耶麻郡北塩原村、千葉県野田市、和歌山県有田郡清水町、愛媛県八幡浜市の5市町村で交付され、その後、全市区町村で交付された。




配布対象[編集]

1999年1月1日現在を基準日として、以下の条件に該当する者に配布された。


・15歳以下の子供(1983年1月2日以降出生者)のいる世帯主。

・老齢福祉年金、障害基礎年金、遺族基礎年金、母子年金、
準母子年金、遺児年金、児童扶養手当、障害児福祉手当、
特別障害者手当の受給者。

・生活保護の被保護者、社会福祉施設への措置入所者。

・満65歳以上(1934年1月1日以前出生者)で市町村民税の
非課税者(課税されている者の税法上の被扶養者を除く)





発行の目的とその効果[編集]


子育てを支援し、老齢福祉年金等の受給者や所得の低い高齢者の経済的負担を軽減することにより、個人消費の喚起と地域経済の活性化、地域の振興を図ることを目的に発行された。


バブル崩壊後、景気浮揚を目的として数回の減税は行われていたものの、負担軽減分は貯蓄に回ってしまい、減税本来の目的である消費の拡大という目的を果たせなかった。


そのため、直接には貯蓄に回せない形で消費を刺激しようとしたものである。ただし実際には、間接的に貯蓄に回ったため、必ずしも意図通りの結果とはならなかった。


交付対象者を若い親の層や所得の低い高齢者層などに限定した理由として、これらの層は比較的可処分所得が低いことから、地域振興券を交付することによる消費喚起の効果が大きいと考えられたことが挙げられている[1]。
1999年、経済企画庁は振興券を受け取った約三千百七万人の中の9,000世帯に対してアンケート調査を行い、振興券によって増えた消費は振興券使用額の32%だったとしている。


つまり、残りの68%が貯蓄に回されたり、振興券がなくても行われた消費に使われたということである。経企庁の調査ではこの結果をベースに単純計算し、振興券は名目GDPを約2,000億円押し上げたと結論付けている。この額は、GDP全体の0.04%程度、内訳である個人消費の0.07%程度である。





問題点[編集]


交付された世帯では地域振興券を優先的に使用する一方で、そのことによって使用せずに済んだ現金を貯蓄に回したため、消費の押し上げ効果は発行額のわずか10%程度にとどまり、波及効果もほとんどもたらさなかった。


このことについて評論家の屋山太郎はレオン・ワルラスの理論を逆引用して、「国民は合理的な経済行動をしないという理論に基づいている」と批判した。


その理由として「普通の人なら振興券で日常の消費をし、現金を残すことになるだろう。振興券の分だけ消費が増えると考えたのは『国民が愚かで騙されやすい』と考えていることにほかならない」と述べている。


消費刺激のための政策であるが、新規発行額が増えるか、あるいは本来削減出来たはずの発行額が小さくなるかの違いはあれ、この政策の分だけ国債発行額は増加することとなる。その償還には将来の税金が当てられることから、結局、この政策は将来の消費を減らして現在の消費を増やそうとしたものである。


そもそも家計が自分たちにとって最適だと考えていた消費のパスから、政策でもって将来分を減らし現在分を増やすということは、家計にとって最適な消費計画からそうでない計画へと移らされるということであり、明らかに負の効用を生み出すことになる。


つまり、消費刺激策が仮に上手くいったところで、それは家計にとってマイナスの出来事でしかない。家計が振興券で浮いた金額を消費に回さずに貯蓄したことは、消費時期の移動による負効用を出来る限り抑えようとしたことの証左である。


このように、消費刺激策として機能しなかったという問題以上に、たとえ消費を刺激出来たとしても、それは望ましいものではないという根本的な問題がある。


税法上被扶養となっている高齢者の場合、低所得であるがゆえに扶養されているにも関わらず、地域振興券の交付対象とならないケースが多く、逆に所得が多くても住民税非課税で地域振興券の交付を受ける場合が多数出る結果となってしまった。



地域によっては使える場所が限られており、必要なものを買えない場合があった。


地域別にデザインを変えられるため、鳥取県東伯郡大栄町は地元出身の漫画家の青山剛昌にデザインを依頼し、彼の作品「名探偵コナン」の主人公である江戸川コナンが描かれたものを発行した。しかし多数の券が使用される前に転売されたり高値で取引される事態となってしまい、町は急遽レプリカを配布することとなった。同町での最終的な使用率は全国平均を下回る89%で、5,916枚が未使用のまま残った。


与党である自由民主党からも「ばら撒き政策」だと強い批判が挙がったが、公明党の強い要望により導入された。


当時の内閣官房長官の野中広務が「(以前から公明党が主張していた地域振興券は)天下の愚策かも知れないが、7000億円の国会対策費だと思って我慢して欲しい」と、後に話したといわれている。


また公明党との自公連立政権は、創価学会票を得るための選挙対策であること、その見返りが公明党の要望する地域振興券だった旨が述べられている。なお自由民主党内部でも、八代英太代議士(当時)など賛同の立場で活動した者もいた。


マスコミからも強い批判が挙がった。日本国外のマスコミにも、「経済効果はほとんど期待できない。日本経済を襲っているデフレーションの嵐を考えると、この程度の額では問題解決にはならない。」(フィナンシャル・タイムズ)、「印刷にフジヤマ程の大量の木材が必要だ」とからかった上で、「ばかげた計画で、世界中の笑い者になる」、「お年玉をもらう子供のように扱われている」といった声を紹介(ロサンゼルス・タイムズ)するなど、冷やかに報道された。


配布対象を子供とお年寄りに限定したため、一番消費を刺激するはずのサラリーマンや主婦層には支給されず、それらの層からは不評だった。


想定以上に経済的効果がなかったことから、マスコミや政治記者からも地域振興券は公明党の失政との声が上がった。




評価[編集]


2007年(平成19年)9月21日付の日本経済新聞社説は、「1999年に実施した国民1人2万円、予算約7,700億円の地域振興券は、公明党の強い主張が実った政策だ。その地域振興券は地域経済の活性化に役立っただろうか。少なくとも持続性は全くなかった。」と論評している。


日本共産党は、機関紙しんぶん赤旗で「交付世帯の多くが生活必需品の購入を現金の代わりに振興券でおこなったにすぎず、当初から指摘されたように交付金額の多くが貯蓄に回されたこと、景気対策として失敗だったことが明白になった」とし、地域振興券での効果は殆ど無かったと主張している。


日本経済新聞の芹川洋一は「政府・自民党がのんだ公明党の商品券構想は、経済的合理性からは「天下の愚策」と酷評され、ヘリコプターからお礼をばらまいた方がよほど理にかなっているとまで言われる始末だ。自民党にすれば、支給総額七千億円、必要経費を含め八千億円の商品券は国会対策費そのものである。年内いっぱいの政権維持のコストとすれば一日当たり約百六十億円。安いものということだろうか」と批評している。

kok********さん

2020/3/2810:20:34

早く決定して支給してほしいです。
➔対応は遅いでしょうね・・
そもそも、コロナ対策が遅いですから・・・

子供がいる家庭への3万円給付はどうなったのでしょうか?
➔現金給付は、時間かかると思いますよ?
貯金に回させるとか、言い出してますから・・

お肉券?お魚券?
➔券を作るのに税金を使いたいだけでしょう?
➔配るのに、税金を使いたいだけでしょう?
➔自粛ですし、今後は強制外出禁止になると思いますけど
券を使って、指定された店に、皆さまが押し寄せるわけであって・・・
コロナ蔓延をさせたいとしか思えませんし・・・
➔抜けもあることもあるでしょうし・・
➔届いてない・・ってこともあるでしょうし・・


税金をかけずに
配る、作る、迅速対応できる
➔家にいることが多いんですから

⇒電気、水道、ガスを3か月免除(国が全世帯を全額保証)
これなら、直接的に関与しなくても
電気関連、水道関連、ガス関連 に
国から請求を国へ変更するようにで、済むのにね


➔対応が遅いので
日本がコロナ終息するまで、ガス、電気、水道代を国が支払います

って、なれば

本気で取り組むと思うけどな~。

kar********さん

2020/3/2720:30:30

数万給付とか、地域商品券とか、リーマンショックのときみたいなのじゃなくて、もっと思い切ったことやるそうです。

あのオジサン達が考える思い切ったことってなんなんだろ、、、

貧乏人の気持ちなんて分からないから、絶対検討外れなこと言うと思う。

観光客減って和牛の売り上げが落ちてるから、和牛商品券にしようかとか言ってるくらいだもん。

困ってんのは、和牛業界だけじゃないよ!

z7a********さん

2020/3/2720:20:44

現金給付は100%あります。額は定かでないが・・・


国会の前で偽女性歌手に街宣活動として歌って頂きたいです。
”お金ちょうだい”(笑)

冗談ではなく曲名として存在します。


5月の給付では遅すぎます。年金給付と同時期の4月中頃には
実施すべきです。

現金給付で国民の反応を伺い、更に社会情勢、経済状況睨みつつ
第2弾、3弾の支援策を講じて行くことになろうかと思います。

世間知らずの、いい加減な回答も散見されますが、どうか質問者様
が悲観的にならないよう祈る思いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる