若い世代の人に新型コロナの危機感を持たせる画期的な方法で質問です。

若い世代の人に新型コロナの危機感を持たせる画期的な方法で質問です。 タレント、志村けん(70)が新型コロナウイルス感染で緊急入院したことを受け、所属事務所、イザワオフィスは26日、初主演映画「キネマの神様」の出演辞退を発表した。現在、意識混濁状態の中、集中治療室で重度の肺炎と闘っており、早期の復帰は厳しいと判断したようだ。レギュラー番組の日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」では4月4日の次回放送で、共演者が病床の志村に「園長頑張れ!」とコメントを送ることも分かった。 「今年70歳を迎えた志村にとって、本作品は人生で初の主演映画ということもあり、大きな勇気と強い意気込みで臨んでいました」 書面で発表したイザワオフィスの井澤健社長の文章には、無念の言葉がつづられていた。「男はつらいよ」などで知られる巨匠、山田洋次監督(88)の最新作。しかも、松竹映画100周年記念作で初主演する大役を任されていただけに、苦渋の決断だった。 「作品のご成功を心よりお祈りすると共に、志村が病に勝ち、いつかまた山田組の皆様と一緒に撮影をさせて頂くことを願っております」と強い思いを込めた。 松竹の大角正常務も「大変残念でなりません。しかしながら、治療に専念いただくことを山田監督も望んでおり、一日も早くご回復されることを、心よりお祈り申し上げております」と願った。 https://www.sanspo.com/geino/news/20200327/owa20032705030004-n1.html 先日、朝のニュース番組で「志村けんさん新型コロナウイルス陽性」と言う報道があって、 ICUで治療していると言う話もありました。 志村さんと言えば、『8時だよ全員集合!』から当時の子供世代に爆発的な人気で、 今でも「バカ殿様」で今の若い世代の人に人気です。 若い世代の人に専門家や政治家が「外出自粛して」と訴えても響きませんが、 若い世代の人に人気の志村けんさんや人気のユーチューバーの人が番組やネットで、 「みんなで自粛すればだいじょぶだぁ」とか声を上げた方が響くと思うんです。 若い世代の人って親近感がある人から言われると「〇〇さんがそう言うんなら…」って流されやすいところがあると思うので画期的だと思うんですけど、 著有名が「外出自粛」を訴えても日本では効果は薄いのでしょうか?

画像

2人が共感しています

ベストアンサー

1

もうご存じだと思いますが、志村けんさんは、3月29日に亡くなりました。 今の日本は、一方で、医療の専門家が『外出自粛』を若者などに呼び掛けても、その一方で、政府や東京都のコロナウィルス対策に批判的な知識人のコメントを流す報道番組が多数あります。 ニュース番組を見ても、政府のコロナウィルス対策に不平不満を漏らす市民のコメントしか報道しないと言っていいほどです。 唯一、あったのが、『私が、お客さんからウィルスが感染しても仕方ないけど、従業員に子供がいるので、彼女の安全の為に店を休みます』という、店主のコメントでした。 その人以外は、不満を漏らす人の報道しか見聞きしていません。 報道機関の殆どが、政府や都のコロナウィルス対策に批判的な報道を流している状態で、医療の専門家が、若者が『外出自粛』を呼び掛けても、効果は薄いと思います。 ある新聞社の編集委員が『コロナウィルスが流行って、世の中が混乱して痛快だ』とツイッターしたのがバレて、会社側が謝ったそうです。つまり、その人は『資本主義社会が混乱し弱体する』のを喜ぶような左翼的な考えを持っているということです。 もちろん、あの人たちは、言論も思想も、自由が守られているので、それ自体は問題ないようです。会社側も、『会社の考えとは違う』ということを発表しただけです。 ですから、テレビの報道番組を作っている人の中にも、そんな考えの人が他にもいるかもしれません。 報道番組も、『報道の自由』で守られています。 困っている人がいたら、その人の立場に立って報道するのは当たり前かもしれません。 でも、コロナウィルスを日本でこれ以上流行らせてはいけないという観点にも立って報道してもらいたいと思います。 そうしなければ、医療の専門家の声は、正しく若者に届きません。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答ありがとうございました。 志村けんさんの訃報が幸いにも若い世代の方に「コロナは怖い」と言う印象を与えたようで、 東京では若い人も不要な外出の自粛が進んでいるようです。 芸能界でも感染が広がっているようです。 ここから本格的に感染拡大を阻止して国内の早期の終息ができるのかが問われそうですね。

お礼日時:4/3 4:56

その他の回答(1件)

0

効果がないかといえば違うでしょうが、そもそも外出自粛ということにたいして否定的な見解を有していると思います。 志村けんさんだって若者からすれば老人であるので他人事となるでしょうし、例えば若手アイドルグループやジャニーズユニットが述べても効果は限定的でしょう。 まず第一に若い世代はコロナの危機管理意識の低さも問題視されていますが、主婦たちと同様に「コロナによる経済危機」も恐れています。一人暮らしの若い人たちなら自分だって冷蔵庫・冷凍庫に食材をいれ、マスクやトイレットペーパーや化粧品を必要分貯めておく必要があります。 それに今は一部商品は値上がりしていますが、逆に値下がりしている商品もあります。旅行にいけば従来よりも客が少ないことから感謝されるし手厚いサービスもしてくれます。 また、大学生以下の学生ならば結局のところ「学校が休みにするほどのコロナショック」と言う文脈より「逆を言えば学校が始まったらコロナ反動というべき圧縮された学習日程や宿題の山が出されるかもしれず、むしろ今遊んでおくしかない」と考えているでしょう。 若者もコロナに感染したいか?と言えばしたくないと思います。 しかし、やはり危機意識を抱くには数が少ないですよね。 例えば国内旅行の場合は、地方の感染者などまだ100人にも満たないわけです。つまり都会で出歩くより安心。 都会でも急激に増えたとはいうけど、東京都で言うなら1759万人のうちの100人前後の数・・・これで危機感を抱けという方が無理があると思います。2000人くらいと言えば少し変わってくると思いますけどね。