ここから本文です

交通事故の後遺障害で14級09号に認定されました。 初めての事故で、保険会社の提...

pri********さん

2009/1/1423:06:16

交通事故の後遺障害で14級09号に認定されました。
初めての事故で、保険会社の提示額が妥当なのか分かりません。
どうかよろしくお願いします。

後遺障害14級09号認定後の慰謝料の金額についてお伺いします。

当方32歳女性で、事故発生は1年前、整形外科と接骨院に通院し、総治療期間は289日、実通院日数は159日になります。
当時病院で週5日パート勤務でした。事故後2週間休みましたが、とても働ける状態ではなく、しばらくして退職しました。
とにかく痛く、毎日の子供の送迎や、家事をするのもつらい状態です。
病院にもまだ通いたかったのですが、ある日いつもの様に病院にいくと受付で、保険会社の方から昨日で治療を終了しましたと私が来たら伝える様にとの事で事実上、突然切られた形でとてもショックと同時に正直腹も立ちました。

人身傷害補償保険金のご案内 (自賠責保険での計算)

治療費 1150450円

交通費 13740円

休業補償 85500円 (5700×15日) 休業損害証明書に基き認定

精神的損害 826560円

傷害による損害額小計 2076250円 → 自賠責の保険金額120万を超える場合は省略し保険金を表示 1200000万


14級09号による損害について

逸失利益 334804円 年齢別平均賃金より 3601200×5%×1.8594

精神的損害 400000万

後遺障害による損害額小計 734804円 自賠責基準の75万を認定

損害額合計 2826250円 1950000円

人身傷害保険金の総額 2826250円

支払い済みの人身損害保険金 病院への支払い治療費 1150450円 休業損害 85500円 計 1235950円


最終支払額 1590300円


この金額は妥当なものでしょうか?
アドバイスをどうぞよろしくお願いいたします。

閲覧数:
17,415
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wil********さん

編集あり2009/1/1500:35:17

勝手に治療を打ち切って、とても腹が立ちます!
ここは、しっかり出来る限り損害賠償請求金額を請求しましょう。

パートされているようですが、主婦でしたら、パート収入と主婦業で有利な方で請求が出来ます。
主婦で請求でしたら、自通院日数で休業補償出来ます。

まず、120万円の自賠責の範囲を超えてますので、裁判所基準で計算します。

どのような事故で、過失割合が不明ですが、あなたの過失が0として計算してみます。

もし、過失があるようでしたら、総額から過失割合分を引いて下さい。

治療費 115万0450円
通院交通費1万3740円
治療費に付きましては、問題ないと思われますが、通院交通費は、バス、電車、タクシーは実費。
マイカーは1km15円で計算されていますか?

休業補償ですが、あなたの職業は主婦でしょうか?
主婦でしたら、自賠責基準では、1日5700円すなわち、159日×5700円となりますが、
裁判所基準では、1日9404円ですので、9404円×159日=149万5236円です。

精神的損害 82万6560円これは、傷害慰謝料と思いますが、通院期間9か月19日ですので、142万8000円です。
むちうち症で他覚症状がない場合は、111万5000円です。
かなり払い渋りをしています。

後遺障害慰謝料、14級ですので、110万円。こちらも40万円とは話の他です。

逸失利益、343万2500円×5%(14級)×4.329(ライプニッツ係数5年として)=74万2964円
なぜ、1.8594の2年なのか疑問です。
2年の1.8594で計算している根拠を確認して下さい。
5年の4.329で計算してもらうよう話し合って下さい。


治療費 115万0450円
通院交通費1万3740円
休業損害149万5236円
傷害慰謝料142万8000円もしくは、111万5000円
後遺障害慰謝料110万円
逸失利益74万2964円

総額、593万0390円
むちうち症で他覚症状がない場合、561万7390円


休業補償は、原則実通院日数で計算です。
ですので、なぜ15日分なのか疑問です。
主婦でしたら、159日分の実通院日数で休業補償をしてもらって下さい。

その他、慰謝料部分でかなり払い渋りをしています。

裁判所基準とまではいかないにしても、裁判所基準の8割は獲得して下さい。

納得できなければ、後遺障害に認定されていますので、
紛争処理センターで、裁判所基準に基づく計算で解決した方が賢明です。

以上。

質問した人からのコメント

2009/1/21 10:23:05

ありがとうございます。アドバイスをもとに頑張ってみたいと思います。ありがとうございましたm(__)m

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tsc********さん

2009/1/1503:18:25

人身傷害保険につていは約款で支払基準や計算方法が決められています。
ご自分で約款(保険証券が郵送された時に同封されていると思います)を見て検証なさってみてください。

精神的損害(慰謝料)の826,560円も人身傷害基準で計算されていると思います。(保険会社によって少し基準が違いますので正確にはわかりませんがほぼ妥当な金額でした)
後遺障害の精神的損害(もちろん40万の間違いですよね)も基準どおりです。

交渉の余地があるとすれば、休業補償と逸失利益です。
1)休業補償
15日の認定は少し厳しいですね。
休業損害証明書が15日間のみの記載だったのだと思いますが、その後事故により辞めざるを得なかった事情などは保険会社に詳しく話しましたか?
また、主婦兼パートタイマーであれば、勤務時間などにもよりますが主婦かパートの有利な方での請求も出来ますし、退職後他の仕事についていなく専業主婦になったのであれば、退職日以降は主婦(家事従事者)での休業補償を認めてもらうように交渉してみてください。
主婦での休業損害は、実際に家事などに支障があった期間のうちの実通院日数となるのが普通です。
具体的にどんな家事にどの程度支障があったかを説明して交渉してみてください。
日額の5,700円は約款で決められていますので、この金額は増えることはありません。

2)逸失利益
年収の360,120円及び喪失率の5%は約款の通りであり、妥当です。
1.8594は2年間のライプニッツ係数です。
これは労働能力喪失期間を2年として計算したという事です。
喪失期間は具体的な個別事情で判断することになりますが、一般的に14級9号の場合は2~5年程度です。
5年は無理としても、最低の2年ではなく、3~4年程度は認めてもらうよう交渉してみてはいかがでしょう。

上記の通り、休業損害・逸失利益以外は妥当(というより約款で決められているので変えようがない)です。
休業損害・逸失利益について交渉してみてください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる