昭和48年のケンメリを所有しております。

昭和48年のケンメリを所有しております。 私が所有してから初めてミッションオイルの交換を旧車が得意な整備工場で交換しました。 その数ヶ月後にミッションからオイル滲みや漏れの不具合が。。。 整備ミスでしょうか? ただタイミング良く経年劣化でしょうか? オイル量を多く入れるようなケアレスミスはないと思います。 新しいオイルでシールが破損されたのでひょうか?

ベストアンサー

2

ミッションオイルの交換作業に漏れの原因が有るとすればフィラーとかドレンから漏れてきますよね? 交換するだけならミッション下ろす訳じゃないんだし。 フィラーでもドレンでもない所から漏れてきているならオイルの成分のせいかもしれないしシールの寿命かもしれないし、どっちにしろ整備ミスは考えにくいですね。 そもそもミッションオイルなんてフィラーから溢れて来るまで入れるものだからポンプで強制的に押し込む以外に物理的にオイル量を多く入れる事自体が無いでしょ。

2人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 私も整備ミスでないと信じております。 入れずについては点検口から溢れ切らない状態で、蓋を閉じると稀にシールを痛めると認識しております。 ミッションオイルはかなり熱を持って中でガス化して膨張してシールを破損するそうで。

その他の回答(4件)

0

とにかく どこから漏れてるの? それが問題でしょ?

「ミッションオイルはかなり熱を持って中でガス化して膨張してシールを破損するそうで。」 そんな事はないです。 ミッションにはブリーザー(空気口)があるから。

1

どうも 大型二輪に乗る者です 車のエンジン脱着経験あります 質問者の人へ 良い車ですが 乗る為の知識が欠如してや しませんか? 同じ頃の 1970年代のマッスルカーに 乗っています (排気量は7リッターオーバーです) オイル交換直後に 何の異常も無いのに 漏れ始めたなら 「何かおかしい..!」 「ヤワなオイルでも入れられたか?」 と 勘ぐっても 致し方ないと考えますが 数カ月も経ってから漏れたのを 整備した店のせいにするとか考えるなんて 「とんだ責任転嫁(てんか)」 「クレーマーレベル」 です あり得ないですね (質問者の人の考え方が、です) それはもう 使用に伴う経年劣化等で オーバーホールする時期だった可能性が かなり高いと考えます 他者、他人のせいにするのは 違うと思いますよ 勿論 使用するギヤオイル等に 「化学合成油「以外」」のオイル (鉱物系オイル)を使う事 は 言うまでも無い事ではありますが なお 私の車は (マッスルカーです) デフオイルに 化学合成の高性能品を使いましたが (当時(約20年前)は知らなかったので使ってしまった次第) 別段 漏れたりは「しません」でしたよ?

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 クレームがあるわけでなく、無知なのを承知でこの度、学びたく知恵袋に質問を投稿した次第です。 今後の対策の為でございます。

1

数ヶ月後じゃ何が原因か分からないです。 可能性としたら新しく入れたミッションオイルの成分が災いしてシールに影響したかも? 長い目で見るならオーバーホールですね。

1人がナイス!しています

1

あるんですよね。。エンジンオイルとか変えてしばらくしてから新しいオイルの洗浄成分で中のカサブタ(汚れ)が落ちて、シール類から滲み出すのが…

1人がナイス!しています