ここから本文です

フルートについてです。「ソノリテについて」と「タファネル&ゴーベル」でアドバイス...

AjGntdkjdgjmwさん

2020/3/3118:08:18

フルートについてです。「ソノリテについて」と「タファネル&ゴーベル」でアドバイスがほしいです。
レッスンの先生に、舌を出してタンギングする基礎練を教えてもらいました。「ソノリテについて」

の15ページです。これがどうしてもうまくいきません。高校に入るため、帰宅時間などの関係で、今月でレッスンを辞めたことにより先生に聞くことも出来ないです。調べてみてもシングルやダブルの説明ばかりで載っていません。探しきれていないのかもしれませんが…。低音はただでさえ苦手ですが、これを練習する時は全く音があたりません。自分で吹いていて分かったことは、舌を出すことによって息が入らない→息を多く入れようとたくさん息を吸う→息のスピードが速くなってしまい、中音になってしまう ということです。なので、息は多く出すけど優しく吹く、ということを意識して吹いたら少しは低音が出せるようになりましたが、まだまだです。毎日やっていればそのうちできますか?タフォネルも毎日やっていますが後半は疲れるし息はもたないし、継続してるけど上達しているのかと聞かれたら答えに困ります。毎日何を意識して練習すればいいのでしょうか。最初に言ったソノリテの基礎練は、舌を出してタンギングができるようになることで普通のタンギングもクリアに聞こえるようになると言われました。今まで疑問を持たずにやってきましたが、タファネルはなんのための練習ですか?ここが分かっていないから上達しないのだと思います。ふざけた質問に思う方もいると思いますがすみません…。この2つの基礎練のアドバイスを教えてくださる方、いますでしょうか。

閲覧数:
27
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

flu********さん

2020/4/113:08:10

ソノリテについてはまたいつか先生のレッスンを受けることになった時に考えたらよいのではないでしょうか?
一人で練習しているとそういう疑問がわいてくるのが普通だろうと思われる箇所です。いったんは深く考えずに、練習の継続だけはしてみるとよいかと思います。レッスンを再開できたときに改めて考えてみてはどうでしょうか。

タファネルの方はもっと楽にやりましょう。
ウォーミングアップのメニューだと思えば疲れも感じません。

曲を練習するのに、楽器を組み立てていきなりトップギアで練習してしまうと体に無理をさせてしまうでしょう?
そのためのウォーミングアップです。動きの悪いマシンのエンジンを暖めるようなものだと考えてみてください。
タファネル等のテクニックを練習する際には、構えかたはよいか?指は力を入れすぎずに滑らかに動くか?呼吸をしながら吹いているか?
等をチェックしながら吹きます。

自分の音をよく確認しながら、体の状態を整えながら、一定の時間、自分には少しだけハードなテンポでやります。

その後で曲を練習すると効果があったことを感じられるかと思います。

今はタファネルだけでも辛いかもしれませんが、似たような練習はたくさんあるので、いろんな種類でたくさんやってみる。タファネルは導入にすぎません。

ありがちですが、タファネルを極めることが目標になると見失う。あくまでいろんな曲が上手に演奏できるようなになるための助けです
ソノリテについても同じかなあと思います。
先生のお歳によっては、ソノリテ命!タファネルが全て!という人も多いですよね。
目標を見失うことにご注意を。

質問した人からのコメント

2020/4/2 13:57:10

皆さんありがとうございます!やはり継続が大切ですよね。目標を見失わないよう気をつけます。レッスンのこともまた考えてみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

esk********さん

2020/4/112:01:09

今まで先生についていたのですから、時間が合わないとしても、例えば週末に変えたり、先生の時間がそれでも合わないならご友人を紹介してもらうなど、レッスンを継続したほうがいいと思いますよ。

>息は多く出すけど優しく吹く、ということを意識して吹いたら少しは低音が出せるようになりましたが、まだまだです。毎日やっていればそのうちできますか?

少しはできるようになってきているのですから、継続は力なりです。
低音の発音がよくなりそうな練習ですね。嫌ですもんね、最低音のスタッカートとか。モーツァルトのコンチェルト1番の下のDのスタッカートとかね。

>タフォネルも毎日やっていますが後半は疲れるし息はもたないし、継続してるけど上達しているのかと聞かれたら答えに困ります。毎日何を意識して練習すればいいのでしょうか。

毎日やることで指がスムーズに動くようになっているでしょう。メトロノームを使って8分音符で丁寧にやることで、指が転ばなくなっていると思いますよ。
練習は漫然とやらずに、今日はこれをやってみようという意思をもってやったほうがいいと思います。
タファネルゴーベールも例えばクレッシェンドやデクレッシェンドを取り入れたり、スタッカートにして音の粒をそろえたり、どうとでもアレンジできます。

ザジXさん

2020/3/3121:43:21

ソノリテについては、自身で書いた練習パターン(全音音階の長三度上昇)がイベールの「小品」にあるのに使えないというお粗末極まるぺてん師の金儲けのために書かれたものですから、直ちにゴミ箱に捨てましょう。
タファネルコーベールは、曲に出てくるあらゆるパターンに対応するための基礎運指を訓練するためのもので、どこをやっても無駄がありません!私は一冊がボロボロになりましたので二冊目です。

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる