新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

コロナウイルスが地球上からいつか消えるのでしょうか?現代医学でも対処できないウイルスはこれからも増えるのでしょうか?今までこのようなウイルスが何十年もなかったのに急になぜ出てきたのか?

その他の回答(3件)

0

おそらく消える事はありません。別に消す必要もありません。これまでも人類はウィスルと戦い、共存し、いたちごっこを繰り返してきました。その中に一つ新顔が出てきただけのことです。人間が消し去る事ができた唯一の感染症は天然痘です。ポリオや麻疹は世界規模での根絶を目標としています。ですがインフルエンザは根絶を目標とすらしていません。ワクチンを忌避する人が沢山いる以上、ウィルスの根絶なんて不可能です。だから共存するしかないのです。インフルエンザウィルスだってそうです。 「現代医学でも対処できないウイルス」 対処できますし、していますよ。ですが新手のウィルスができてから、そのワクチンを開発するには時間がかかります。ただそれだけのこと。感染者がいる。感染したが発症しなかった人がいる。発症したが完治した人がいる。だからワクチンはいつか必ずできる。 まぁ、できたワクチンを使わなければ意味はないのですが。 「今までこのようなウイルスが何十年もなかったのに急になぜ出てきたのか? 」 それは大きな誤解です。コロナウィルスはいろんな種類があります。2002-2004年にSARSコロナウィルスが、2012年にMERSコロナウィルスが世界を震撼させたではありませんか。エボラウィルスが見つかったのも1976年のことです。HIVウィスルは1983年に分離されました。ウィルスはいつだっているのです。 「人類に対する地球の自然の駆除がはじまってるのでしょうか? 」 とんでもない。地球は意志などもちません。地球は単なる天体の一つです。 コロナウィルスは消えません。ワクチンができてもまた「新・新型」が生まれるでしょう。時がたてばまた別のウィスルが動物から人に移り、新しい感染症を引き起こします。そして人間はまたワクチンを作る。 これのくり返しですよ。ジェンナーが偉大な発見をした1796年からずっとそうやって人とウィルスはやってきたのです。

そうは言いましてもここまで被害が起きて重大なことになったことはありませんよ。少なくとも近代医学になってから、あなたの言ってることは薄い知識を長文で書き込んでるだけですね。そういうのは誰でも知ってますし意味がないと思います。現代医学が対処できないことなんていくらでもあるし、何を言ってるのかな?むしろ本当は対処できないのに対処できてるように医療界がしてるだけですよ。無知で情弱な人なのにカテゴリーマスターなんですね。二度とくだらない長文の回答はやめてください。では

0

ID非公開

2020/4/6 14:34

これが自然発生したという風なことなら、コロナウイルスの根絶後にコロナやエボラよりも強力で驚異的なウイルスがまた一つ二つと誕生していきます。 この場合、自然を破壊しようが生かそうが発生してしまうので、防ぐことは無理です。