ここから本文です

デンゼル・ワシントンの「マイ・ボディガード」について

ham********さん

2009/1/1717:54:46

デンゼル・ワシントンの「マイ・ボディガード」について

最後の命の交換って犯人の弟とピタ(ダコタ・ファニング)の1対1の交換でいいと思いませんか?
それなのにクリーシー(デンゼル・ワシントン)の命も入れた2対1の取引って矛盾するような。
しかも欲張れば、犯人の奥さんも交換条件に含むことができるし・・・。

閲覧数:
1,923
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bct********さん

2009/1/1722:49:22

あの場合は仕方がなかったのでしょう
相手は組織の人間です、面子をつぶされてその当事者を生かして
おくことは出来ません。
クインシーは当然そうなる事を予想してしていたのかもしれません。
しかもクインシーは致命傷を負っていましたので、既に自分はまずい
状態だと分かっていたので、助からない自分の命を犠牲にすれば
子供の命が助かる可能性は高くなると思い了承したのだと思います。

>しかも欲張れば、犯人の奥さんも交換条件に含むことができるし・・・。
子供は既に人質としての価値はありませんでしたし、奥さんをさらっても
お金になりません。

質問した人からのコメント

2009/1/20 17:18:53

おもしろかったので、揚げ足とるつもりはないんですが。
あそこでデンゼルも助かるとよくあるエンディングですもんね!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる