ここから本文です

リゼロの「小説家になろう」版のラノベと、実際のラノベの方では内容は変わります...

アバター

ID非公開さん

2020/4/1622:00:16

リゼロの「小説家になろう」版のラノベと、実際のラノベの方では内容は変わりますか?例えば、文章など、内容は同じでも文章などが変わっているとか

閲覧数:
30
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rez********さん

2020/4/1623:58:04

そこそこ設定変わってます。下に大体の変更点書いとくんで参考にしてください。初見なら書籍の方がいいかな。web版は使われなくなった設定とかも多いので。


3章
パックが魔女教と戦えない設定がなくなってる。
スバルの死ぬ回数が1回少ない。
ユリウスとの決闘の際、web版ではラインハルトが止めに入りそれをアルが止めるというシーンがあったが書籍ではカット。
web版だと王城に侵入する際にカドモンに協力してもらったりとか色々あったんだけど書籍だとそこら辺は殆どカット。

4章
書籍だと輝石っていう新しい設定が追加されて書籍だとそれにまつわる展開が増えてる。
web版にはあったセクメトvs嫉妬の魔女が書籍ではカット。
スバルが顔を合わせる魔女たちの順番がwebと書籍だと違う。
リューズの名前がwebと書籍では異なる。
書籍だとフレデリカがエルザと戦う際に獣化する。
書籍だとスバルがエルザと戦う際に目ん玉をぶった斬られる。
web版にあった村人が肉片にされた?的なシーンが書籍だとカット。
第二の試練に出てくる平行世界の数が書籍だと少ない。web版にはあったスバルの死骸から嫉妬の魔女が出てくるシーンが書籍だとカットされてる。
パックが出てこなかった理由がwebと書籍では異なる。
書籍だとアーチの出番が多い。

5章
憤怒のスバルの殺し方が書籍とwebでは若干異なる。
書籍だとプリステラには傲慢の魔女の遺骨が保管されてるっていう設定が追加された。(プリステラはそもそも傲慢の魔女を討つための都市だった)
webと書籍では色欲の司教の目的が違う。
書籍だと憤怒の司教が魔女の遺骨を求めて襲撃してくる。
書籍だとアルがなぜか傲慢の魔女のことを詳しく知ってる。
書籍だと魔女教の都市占拠を裏から妨害してくる「鼠」なる存在が出てくる。
書籍とweb版だと初戦の魔女教退却の理由がちょっと違う。
書籍だと亜獣なる存在が出てくる。
書籍だとエミリアとアルがミーティアで会話するシーンが追加されてる。
書籍だとレグルス戦でラインハルトが月に飛ばされる。(まぁ戻ってくるんだけど)
web版だとシリウスの瞳は赤だったが書籍だと紫紺の瞳。

6章
砂漠時間の超え方が書籍とwebでは違う。
書籍だと例の右の通路になぞの壁があってスバルたちは3枚目の壁までしか行けなかった。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

MIOさん

2020/4/1623:03:54

言い方悪いですがなろうは素人のお遊びですよ?
かたや書籍版はお金を取るプロのもの
この時点でわかるのでは?
お金を取れるように読みやすくされています
また大抵の作品は書籍化するとなろうを消して売り上げを伸ばすようにするのですが、リゼロは消さず少し伏線や流れを変えて両方読めるように工夫しています

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる