回答受付が終了しました

ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムに水を加えると、 ・イソシアヌル酸 ・次亜塩素酸 ・水酸化ナトリウム の水溶液が生成され、放置すると ・イソシアヌル酸 ・塩酸 ・塩化ナトリウム の

ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムに水を加えると、 ・イソシアヌル酸 ・次亜塩素酸 ・水酸化ナトリウム の水溶液が生成され、放置すると ・イソシアヌル酸 ・塩酸 ・塩化ナトリウム の 水溶液になるとのことですが ①この方法で生成された次亜塩素酸水を30~50ppmでなにかに噴霧して洗浄しなかった場合 →放置した場合と同じ物質が残るということでよいでしょうか? →また、それは経口してしまうと害があるものでしょうか? ②ハイターと炭酸でも次亜塩素酸がつくれるようですが、これも同じものが生成されますか? ③食品の洗浄などに使用される次亜塩素酸水は他に溶けているものはないのでしょうか?単純に次亜塩素酸しか溶けていないものなのでしょうか? ④イソシアヌル酸をしらべたのですが、よくわからず、シアヌル酸のことでよいでしょうか?またこれは毒ですか? たくさんの質問で申し訳ないですが、よろしくお願いいたします

化学586閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

回答(1件)

1

1.揮発しない塩化ナトリウムとシアヌル酸が残ります。 シアヌル酸は特別強い有害性があるものじゃありませんが、口に入れるべきものではありません。 2.ハイターと炭酸からできるのは、次亜塩素酸と炭酸水素ナトリウム(重曹)です。ただし、大量の炭酸を必要としますよ。 3.強酸性次亜塩素酸水には次亜塩素酸と塩化水素(塩酸)のみが含まれます。 弱酸性および微酸性次亜塩素酸水には次亜塩素酸と塩化ナトリウムと塩化水素が含まれます。 4.シアヌル酸とイソシアヌル酸は別の構造式を持つ物質ですが、互変異性を持っており分離することはできません。シアヌル酸と同じと思っていいでしょう。

1人がナイス!しています