フランス語、スペイン語の楽しさや勉強してよかったことを教えてください。 第二外国語の選択をこの2つで迷っています。 自分の興味が、アフリカならフランス語、中南米ならスペイン語という

フランス語、スペイン語の楽しさや勉強してよかったことを教えてください。 第二外国語の選択をこの2つで迷っています。 自分の興味が、アフリカならフランス語、中南米ならスペイン語という のはわかっていますが、どちらも興味があるので決められません。 皆さんの意見を参考にさせて頂きたいです。 よろしくお願い致します。

ベストアンサー

1

英語とフランス語で仕事をしています。大学院はパリとジュネーブ、アフリカと中米でも仕事をしました。 フランス語は、ものを明晰に論理的に考える言語。日本人が苦労するのはまず発音と文法かもしれません。芸術や料理や文学や科学や哲学や服飾など体系的に学べるので、どれか興味があれば、とことん追求できて楽しいです。ケベックやマグレブやフランス語圏アフリカやカレドニアは、文化も発音もだいぶ変わってきます。せっかく広大なアフリカに興味があるなら、英語圏の方が、社会も文化も人々もダイナミックに感じます。 スペイン語は、中米の中期の仕事で勉強しました。発音は、スペイン本国と中南米で若干違いますが、日本人にとって簡単です。信仰心が強くて家族思いの温かい人々や、ラテン音楽やダンス、素朴で美味しい料理が好きなら、断然、スペイン語が楽しいでしょう。それに、アメリカは好きですか?アメリカにもヒスパニック系がたくさんいて、アメリカでも使える時があります。 フランス語ができると、スペイン語は割と簡単に感じます。その逆はないです。でも、スペイン語ができるとイタリア語とポルトガル語と似ているので、スペイン語のまま、イタリア人やブラジル人と話が通じて盛り上がったりできることがあります。

1人がナイス!しています

詳しく説明していただいてありがとうございます!とてもグローバルに活躍されている方のお話を聞けてとても嬉しいです とてもわかりやすかったのでベストアンサーにさせていただきます

その他の回答(1件)

0

どちらに選ばれるにしても、今から、初級ラテン語の本を買い、 流し読みされる事をお勧めします。 とにかく、どちらの言葉も、ビジネスには役に立ちませんが。