ID非公開

2020/4/22 0:49

33回答

アガサクリスティのミステリー小説でオススメの作品はなんですか?

小説 | 本、雑誌166閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2020/4/23 0:57

実はアクロイド殺しは友人にネタバレをくらってしまいまして、、記憶が消えかけてから読もうと思っているので終盤に読んでみます! ポケットにライ麦を、白昼の悪魔、葬儀を終えて、パディントン発4時50分が、次の購入に検討している中に入っているのですが、おすすめ順などありますか? あと、スタイルズ荘の怪事件はクリスティのデビュー作なので読んでみたいのですが、よくクリスティ作品にしては単純で退屈だなどと言われているのですが、実際どうでしたか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

3人の方の回答を参考にして、ネットで何冊か購入しました。 ベストアンサーは1番たくさんの本を紹介してくださった方にしました。 ありがとうございました!

お礼日時:2020/4/24 18:26

その他の回答(2件)

0

お勧めの逆なんですが、ポワロシリーズの最終作「カーテン」はポワロシリーズを何作か読んだ後にしてください。最後であるべき作品なので先に読んでしまうと面白みがなくなるので。

ID非公開

質問者

2020/4/23 0:53

ありがとうございます! わかりました、カーテンはポアロシリーズを大方読んでからにします。

0

次いでお勧めするなら『ナイルに死す』辺りでしょうか。中期のクリスティの特徴である殺人事件が起きるまでに悠然とドラマを語り、中盤まで殺人が起きないという物語ですが、その事件までの物語が大変に面白く、そしてそこに潜んだ伏線を鮮やかに回収する手腕には感動すら覚えます。 また、ミステリとして凄まじい切れ味を誇る衝撃的な傑作『白昼の悪魔』、ただのホームドラマでしかない一風景をたった一言でミステリとしてしまう『葬儀を終えて』、いくつもの仕掛けられたタブル・ミーニングがラストであまりにも痛ましい悲劇を浮き彫りにする『鏡は横にひび割れて』、クリスティのミステリ技巧がいくつも織り込まれた傑作『ゼロ時間へ』などがお勧めです。 また、変化球として霜月蒼の『アガサ・クリスティー完全攻略』をお勧めしておきます。 これはクリスティーの全作品を読んでそれぞれを評価すると言うもので、従来はクリスティと言えば『そして誰もいなくなった』、『アクロイド』、『オリエント急行』、『ABC』ばかり語られ、それ以外の作品に触れられる事の少なかったクリスティ作品は、実はそれ以外にも数多の傑作があることを示してくれた画期的な一冊です。 その個々の作品評価には必ずしも100%同意できるわけではありませんが、よく語られる作品群がクリスティベスト10には一冊も入らないという結論は、私も全く同感でした

ID非公開

質問者

2020/4/23 0:52

回答ありがとうございます! 白昼の悪魔、葬儀を終えて、ゼロ時間へが、次の購入に検討している中に入っているのですが、オススメ順はどんなかんじでしょうか。 ナイルに死す気になってました読んでみます!