回答受付が終了しました

C5/6頸椎ヘルニアMRI画像について 一昨年に居眠り運転のミニバンに追突事故をされ、外見上の怪我が無かったことから半年で整形外科で症状固定になりました。後遺障害は非該当。 リハビリ

C5/6頸椎ヘルニアMRI画像について 一昨年に居眠り運転のミニバンに追突事故をされ、外見上の怪我が無かったことから半年で整形外科で症状固定になりました。後遺障害は非該当。 リハビリ も電気流して終わり、痛み止めを処方されて特段何か処置するまでもなく終わり、首痛、右肩痛、頭痛、残っていた事から不信感もあり病院を変えて自費で病院に通院を始めました。 新しい病院に変えて頸椎のMRI画像を先生に見てもらったところ、人によっては診断結果変わるけど、この部分なんか言われた?とC4/5の画像の部分を見せられて微妙な頸椎ヘルニアがあるね、と言われました。 1軒目の病院の先生からは何も言われませんでしたが、そんなに人によって見え方変わるんでしょうか?? 詳しい方教えてください。

画像

病院、検査55閲覧

回答(3件)

0

MRIで明らかな所見があれば12級が該当すると聞きます。 質問ですが半年間で何回通院されたのでしょうか?週何回通院されましたか? きっちり薬はもらい続けましたか?途中飲み忘れあまっているからもらわないとかはなかったでしょうか? あと初回救急病院でも同じ症状を訴えていたでしょうか? それと症状固定後も通院はされてますか? この辺も見られるのでは?

0

後遺障害14級に認定されたものです 断言は出来ませんが経験上回答させていただきます。 まずMRIについてですが、椎間板ヘルニアは交通事故によって発生したものとは考えないというスタンスが認定の判断基準だと考えています。 写真を拝見した所、認定されるプラスにはならないと思います。 失礼な言い方ですがそれ程酷くない。 MRIの大事な事は、医師がMRI検査を推奨し検査した事実が大事と考えています。 言葉は悪いですが結果ではなく医師が頚椎等異常があるかもしれないから検査するという事実が大切だと考えています。 因みに非該当の理由は、文書をみるかぎり、医者の処方が足りません。 1.ブロック注射 2.理学療法士によるリハビリ 3.薬の処方(ロキソニンとかリリカが良い) これだけでも質問者様が非該当になったんだなぁと思います。 決してMRIの結果だけで非該当になったわけではないと思います。 まだ異議申し立てがあるので覆る可能性はありますよ。

aki***様 ご回答ありがとうございます。 毎週通いブロック注射、リハビリ、リリカは服用しておりました。 また、事故の衝撃でシートベルトに打ち付けられた事により、痛みで右肩が上がらない、握力が落ちており60→20、一定の動きをすると肩ががポコっと脱臼する(随意性の為、自分で戻せる)症状があり、その症状もあったのですが、大丈夫大丈夫と言うだけでレントゲンしかとってもらえず、こちらも自分で総合病院でMRIを撮りに行ったら棘上筋損傷、関節唇損傷、が起きていたのを発見し、一軒目の整形外科に持っていったところ、焦った様子で「炎症起こしてるだけだから大丈夫」といきなり注射を打たれて説明も無しに診察が終わり、封筒を渡され、保険屋さんに送っておいてと言われて、気付いたら症状固定にされており、頸椎捻挫と肩挫傷としか書かれておらず非該当となったので、さすがにおかしいだろうと転院し、弁護士さんをいれて現在治療中になります。

0

C3/4にヘルニアが有るようには見えませんが骨棘はありますね?神経も綺麗に映っていますからね。これは病院からCDRをもらったのですか?それとも病院で見せれらた画面をスマホで撮ったのかな?

電電虫さん 病院でスマホで撮らせてもらいました!! 一軒目で何も説明を受けていなかったので、わからない事が多く、指摘してくださりありがとうございました^ ^