ここから本文です

新型コロナウイルスに関係する可能性のあるQ&Aです

主要ニュース、発生状況、受診の目安など最新情報をまとめています。新型コロナウイルス感染症について詳しい情報をお知りになりたい場合、ご確認ください。

新型コロナウイルス感染症 最新情報まとめ

中国漢方「藿香正気散」の考え方について質問いたします。

大周天さん

2020/5/607:54:28

中国漢方「藿香正気散」の考え方について質問いたします。

コロナ対策の治療薬として、最終的なプロセスで「清肺排毒湯」
ということになりますが、そこに至るまでに、食欲不振や下痢、
体がだるい、味が分からないという症状のときに
「藿香正気散」を使う局面もでてくると思います。

そこで二つの考え方が理解できていません。

(1)「藿香正気散」と「黄連解毒湯」を併せて服用
(2)「藿香正気散」と「麻杏薏甘湯」を併せて服用

「藿香正気散」を単独で使う場合は、初期症状のころと推測しますが、
さらに「黄連解毒湯」、「麻杏薏甘湯」を併せる必要がでてくるのは、
どんなレベルで、どんな症状のときになりますか?
「黄連解毒湯」、「麻杏薏甘湯」のどちらがベストな選択ですか?
具体的に教えていただくと助かります。宜しくお願いします。

閲覧数:
123
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

南條雅士さんの画像

専門家

南條雅士さん

2020/5/609:15:09

黄連解毒湯は、熱感が強く口渇、舌の苔が黄色いなど、熱症状が強い時併せます。喉の痛みや発熱が強いなら銀翹散を併わせる方が良いです。

麻杏薏甘湯は、むくみや筋肉痛、咳が出る、頭が締め付けられるように重く痛い、午後になると自覚的に熱感が出てくるが体表部を触っても熱感がないなど、湿症状が強くそれに熱症状が伴い湿>熱の時に良いです。さらに熱が強くなったら麻杏薏甘湯よりも肺熱を冷ますことが出来る麻杏甘石湯を併わせる方が良いです。

口が苦い、寒気とほてりが交互に来るような症状が出たら、藿香正気散に小柴胡湯などを併せます。湿邪は膜原に留まりやすいので藿香正気散+小柴胡湯という組み合わせも良く使われます。

下痢があり口渇があって腹痛、渋り腹の時には、藿香正気散+黄芩湯のような使い方をすることもあります。この組み合わせはノロウイルスの胃腸炎の時に使っても良いです。

なお、藿香正気散は昔から日本でも後世派ではよく使われていた処方で、中国漢方というわけでもありません。医療用のエキス剤に無いので病院では使われにくいというだけです。

  • 質問者

    大周天さん

    2020/5/612:18:52

    ご回答ありがとうございます。藿香正気散の奥深さに、感銘を受けております。南條さんの過去の投稿は大いに参考になり、このご時世に大変、勇気づけられております。次の投稿では、エキス剤を併せる比率、飲むコツについても質問したいと思っております。今後ともご教示のほど宜しくお願いいたします。 感謝

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

回答した専門家

南條雅士さんの画像

南條雅士

薬剤師

漢方薬で体と暮らしをサポートするプロ

厳選した漢方薬で、一人ひとりの体質に合わせた健康づくりの提案 不妊、アレルギー、アトピー、自律神経系疾患など、さまざまな悩みに対応。漢方薬の幅広い知識と実績、厳選した漢方薬や食養生についてのアドバイスで、健康づくりや不安解消のサポートをします。

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる