ID非公開

2020/5/9 12:46

77回答

今普通二輪の教習をしているのですが、スラロームがどうしても上手く行きません。

運転免許20閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

右ターンが終わるときにスロットルを大きく開けて左に切り返し スロットル全閉。 左ターンが終わるときにスロットルを大きく開けて右に切り返し スロットル全閉。 ハンドルで曲がってはダメ。 バンクさせると自然にフロントタイヤが切れ込むからそれでいい。 車体を立てたままハンドルを切るのは間違い。

0

スラロームがどうしても上手く行きません。 膝とガソリンタンクに 隙間がある場合 膝をタンクに締め付けて ニーグリップを強めに 目の視線 下は見ずに 前輪タイヤの進む前の方向に 視線を上げる事

0

バイクは基本的に視線の向いているほうに進むものです。 ですから視線を先へ先へと送るのが、スラロームをスムーズに走るコツです。 具体的には1つのパイロンに前輪がさしかかる、つまりそのパイロンをかわし始める時には、もう視線を次のパイロンに向けておかないといけないのです。 そして次のパイロンに近づいたらまた視線を先送り。 これの繰り返しです。バイクが半分程度パイロンを過ぎてから視線を送ったのでは決定的に遅いのです。 とにかく視線を先へ。これが鉄則です。 あと、バイクはブレーキングで前輪に荷重がかかると、曲がり込みやすくなります。ですからブレーキングもメリハリをつけて、前輪に荷重がしっかりかかるように。メリハリをつけるということは加速もしっかりするということです。 パイロンが近づいてブレーキング、そしてブレーキング中に視線を次のパイロンへ、という感じです。 スタート→しっかり加速→しっかりブレーキング、即座に視線を次のパイロンへ→パイロンクリアしたらしっかり加速→しっかりブレーキング… 流れはこういうことです。 でも、免許取得中では、書いたようにバイクを操るのは難しいか? それでも、基本は加速減速のメリハリと視線の先送り、頭に入れてやるのとそうでないのは、やはり違うでしょう。 できる範囲でトライしてみてください。