「保険見直し本舗」や「保険市場」などありますが、 そこにいるFPは、中立の立場の保険のプロではないのですか? 前回知恵袋で、医療保険について質問した際、 中立の立場の保険のプロなどいませんという回答が

生命保険50,558閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

13

13人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、とても参考になる回答を有難うございました。皆様にBAをさしあげたいところですが、大変興味深い内容のブログを紹介してくださった方に決めました。このブログの方のようなFPに出会いたいものです。

お礼日時:2009/1/25 22:12

その他の回答(4件)

1

外資系の保険会社に勤務しております それぞれの事情は お分かりになられたと思います ただいえるのは 相談されるのも契約されるのも 自由です 自分でこれで安心だという担当者を見付けてくださいね

1人がナイス!しています

1

まずは、そのFPの人の収入は、来店者に売った保険の保険料の何割かであるということを念頭においてください。 つまり、一般的には保険料の高い保険を売るほど、収入になるわけです。 さて、来店者にとっては保険が必要かどうか?という判断から始まるわけですが、仮に保険が不要であるとしても「あなたには保険は不要です。」と保険を売らなければ収入にならない人(FP)が言うことがあるでしょうか? そして、仮に必要だったとしても、必要最小限の安い保険を勧めることができるでしょうか? 中立ということと 以上のことは、矛盾すると思いませんか?

1人がナイス!しています

1

FP資格のある外資系生保の営業マンです、もちろん生保系FPの資格もあります。今は2級FPですが今の所1級を取る予定はありません。そんなもんとって独立したって食えません、そんな労力あったら1件でも多くお客様の所回ります。ようするにFP資格だけで食える人は日本にはほとんどいません、だいたい保険の代理店してますよね。私も自分の会社の商品売らないと食えません。保険市場や見直し隊さんに勤めててもお客様の所に行くか向こうから来るかだけでいっしょと思いますよ。

1人がナイス!しています

2

保険系FPです。 確かに、見直し本舗さんとかはFPを揃えて、複数社の商品を比較検討 しつつ、なるべく貴方の希望に沿うようなプランを提示はしてくれます。 ただし、プラン提示だけだと、メシを食えない。ここがミソかと。 要するに、既存契約を(一部)解約させ、自店で保険加入させないと、 手数料収入が発生しません。 生命保険会社は代理店に対して、取扱高に応じた代理店種別判定 やボーナス代理店手数料を設定しています。 最上級ランクだと、零細代理店が貰える手数料の3倍くらいが生保から 支払われます。 見直し本舗さんみたいに、全国規模でバンバン契約を取り扱っていると 最高ランクの種別に判定している生保がある、と思います。 そこで、いいランクに判定していくれる(=取扱いが多い)生保の商品を なるべくたくさん売った方が、高収益に繋がります。 バナー広告をうって、来店型店舗を作るなど、コストをかけているのです から、顧客本位で…というのは「キレイゴト」です。

2人がナイス!しています