ここから本文です

審美歯科でエンジェルクラウンとラミネートべニアがあるですが、それぞれの違いは...

nobu75829さん

2009/1/2321:32:21

審美歯科でエンジェルクラウンとラミネートべニアがあるですが、それぞれの違いはわかるのですが、どちらのほうがおすすめなのでしょうか?
耐久性などの面(どちらが丈夫かなど)
お願いします。

閲覧数:
2,432
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

山本 治さんの写真

専門家

2009/1/2607:54:43

大阪の歯科医です。
セラミックスクラウン(被せ物)とラミネートベニア(貼り付け)のどちらが適しているかは、歯の状態によって違ってきます。
ラミネートベニアは歯の表面にポーセレンのシェルを接着して、歯の色や隙間を改善する方法です。また、原則的に有髄歯(治療する歯に大きな虫歯や神経のない歯は禁忌)が適応症となります。
セラミックスクラウンは歯を全体的に削り、そこにセラミックのクラウンを被せて歯の色や形、歯並びまでトータルに治します。極めて審美的効果の高い方法と言えます。
歯の色や軽度の歯並びのみを治されたい場合はベニアで、歯の色だけでなく歯の形や歯並びまでバランスよくきれいにされたいのならセラミックスクラウンが良いでしょう。耐久性や強度はどちらも天然の歯と同等ですので心配ないでしょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

山本 治さんの写真

山本 治

歯科医師

大阪梅田駅徒歩3分。「歯のエステ」20年の技術で応えます

虫歯治療だけでなく「美しさ」も含めた治療を追求する「審美歯科」で25年。先進国アメリカの審美を学び、7000ケース以上の実績を重ねて参りました。白くきれいな歯並びの美しい笑顔は自信にもつながります。日本の審美歯科への意識向上のため努力を続けます。【「All...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。