ここから本文です

下関にいるクモハ42と青梅鉄道公園にいるクモハ40

hep********さん

2020/5/1318:57:24

下関にいるクモハ42と青梅鉄道公園にいるクモハ40

車番は違いますが、よく似ています。具体的になにが違うんでしょうか?

閲覧数:
20
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mpg********さん

2020/5/1412:17:54

車体構造は、他の回答にある通り。
但し、クモハ42は座席が
・車端部、戸袋部=3名掛けロングシート
・運転室後(かぶり付き席)=2名掛けロングシート

CS5形主制御器、DT12形台車、AE自動空気ブレーキ装置、MT15形主電動機は同一で、ギア比が
・クモハ40=2.52
・クモハ42=2.26

他に、製造目的が
・クモハ40=片町線、城東線(大阪環状線東側)の通勤形増結用として製造された。後に関東地域にも配置。
蛇足ながら、このクモハ40(片運転台はクモハ41)から電動車も20m車体になる。
・クモハ42=関西急電(後の新快速)吹田~須磨間運転増結用として製造された。

質問した人からのコメント

2020/5/19 18:38:45

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ゆきなみさん

2020/5/1319:02:51

一番分かりやすい違いは
クモハ42は2扉クロスシート
クモハ40は3扉ロングシート
です
機械系電気系の違いはよくわかりませんが

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる