ここから本文です

陸上部の長距離選手と山岳部(登山部)の部員はどちらが持久力がありますか(高い...

陸上部の長距離選手と山岳部(登山部)の部員はどちらが持久力がありますか(高いでしょうか)。

閲覧数:
265
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yosino tosioさん

2020/5/2706:40:57

私が高校生の時は、山岳部の隣に陸上部の部室が有りました

それで時々1500m走の勝負をしました、ケッコウいい勝負をするのですが山岳部は陸上部には勝てなかったです、ゴール間際でかわされる展開がほとんどです

平日の練習ですが、山岳部は学校の近くに有る標高差300mの山を駆け上って、陸上部はグラウンドを走っていました

1500m走のタイムから考えて、最大酸素摂取量は陸上部の方が有ります、普通にスポーツをする分には陸上部の方が持久力が高いです

陸上競技出身者と登山をしたことは無いですが、バスケ、サッカー出身で山岳部に入いった部員を見ていると、初日はとても強いのですが、日を重ねるにつれて段々と弱ってきます
1日中荷物を担いで、雨風にさらされて、水分補給も出来ず、狭いテントで寝て、を繰り返すと弱ってきます
1月に1回の山行で、体力的に変化が現れる事は無いと思いますので、むしろ経験による学習効果に起因すると思います、 簡単な表現で言いますと「慣れている」と

夏合宿の直後だと、陸上部は凄く強いですが、山岳部はヘロヘロでした

質問した人からのコメント

2020/5/29 06:46:54

お返事どうもありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

alo********さん

2020/5/2418:49:29

それぞれ強い土俵があるから、単純に比較できるの?
例えば20kgのリュック背負わせて8時間山道進めたら、登山部が圧勝だと思います
平地ならほぼ陸上部圧勝でしょう
大人になるとね、前提条件と言うのが大切になるからね

2020/5/2418:06:35

土俵による

空身ならば陸上部
テント泊装備を担げば山岳部

miz***kitさん

2020/5/2410:10:10

グラウンドや市街地なら圧倒的に陸上の選手でしょうね。
たぶん日本の山で一般コースであっても同じでしょう。

中学や高校くらいまでの学校体育なら運動神経のいい子は
何やってもじょうずですが、レベルが高くなればなるほど
専門性が増し、その種目だけになっていくと思います。

ただ、登山は持久力だけでないからわかりません。荷物を
かついで不安定なところを歩いたり、暑さ寒さへの適応性
が必要だったり、もっといえばコースや天候の判断など、
体力以外に必要なことが多いですから。そうしたことを
全部めんどう見てくれるコーチがいて、ただ走るだけなら
選手の勝ちですよ。

mor********さん

2020/5/2409:46:39

直接比較は、出来ません。

単調な登りで5km標高差1000メートルを空身なら陸上部。
多分、1時間もかからない。

20km累積標高差3000メートルで30kg背負えば登山部かな?
5時間で行ければ凄い。
陸上部は、そんな長時間の行動の体験はないと思います。

2020/5/2406:54:20

圧倒的に陸上部でしょ。
空身で標高差1000mの一般ルートを登ると陸上部が大差でゴールします。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる