ここから本文です

魏王曹操は長生きしたのに、魏皇帝曹丕、曹叡は何故短命だったのでしょうか?

daruiyoneさん

2020/5/2512:11:35

魏王曹操は長生きしたのに、魏皇帝曹丕、曹叡は何故短命だったのでしょうか?

閲覧数:
65
回答数:
4

違反報告

回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

FTさん

2020/5/3115:05:50

中華の皇帝の平均死亡年齢は40歳に満たないそうです。
漢の皇帝に限れば30歳弱です。

曹操は長生きしたからこそ建国者になれたので、曹丕曹叡は特に短命でもないと思われます。

漢晋春秋さん

2020/5/2610:00:52

当時の平均寿命に関して、こういうデータがあります。

http://www.torashichi.sakura.ne.jp/sangokushinennreishuukei.html

これを見ると三國時代の平均寿命はおおむね55歳前後ということになります。曹丕や曹叡はやや短命と言えるでしょうかね。
でもまあ、これを見ても分かるとおり40歳以下で亡くなっている人物はかなり多いです。一部80代90代まで生きるような「超長寿」の人物がいるからこの表の平均寿命も上がっていますが、生没年の伝わっていない人物まで含めて考えると平均寿命はもっと下がるはずです。またこの表では凌統の享年を『三國志』本文に従って49としていますが、『太平御覧』や『建康実録』の記述を参照する限りでは凌統の享年は29と考えられます。そういう誤記(おそらく筆写時に誤ったものか)の存在も考え合わせると、やはり平均寿命はもっと下になるはずです。
つまり、30代40代で亡くなるのはそう短命と言うほどでもなく、割と普通のことだったと考えられます。曹冲や諸葛喬のように10代20代で病死する人も多かった時代ですから、40歳前後まで生きてある程度の事績を残せたというのは充分に立派な生涯と言えるのではないでしょうか。

熾天使さん

2020/5/2521:49:29

長く生きていられると、都合の悪い人が居たのではないでしょうか?

sim********さん

2020/5/2512:49:11

贅沢して酒と女に溺れていたから、いまでいう成人病に若いうちからなってしまったのでしょう。また、不老長寿の仙薬と騙されて、水銀を含んだ薬を飲んでいたかもしれない。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる