ここから本文です

トヨタのハイブリッドバッテリー・ニッケル水素電池についてなのですが。

アバター

ID非公開さん

2020/5/2708:34:14

トヨタのハイブリッドバッテリー・ニッケル水素電池についてなのですが。

30プリウスに搭載していたニッケル水素電池と、今のカローラスポーツなどに搭載してるニッケル水素電池では、寿命の持ちが長くなったり、性能が良くなったりしているのでしょうか?

閲覧数:
58
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2020/5/2813:35:57

電池そのものは変わっていないはずですよ。
7.2Vの電池が×28個並んでいるだけの話で、同じですから。
この7.2Vの電池単体が向上しているのであれば、プリウスも同様に向上しています。
部品は常に改良を続けているので。

この電池をどう扱うかが、車両ごとの違い。
特にプリウスはトランクに設置し、車両後方に通気口を設けることで廃熱性を良くしています。
カローラスポーツはリヤシートの下。
アクアやフィールダーと同じですが、特にフィールダーは通気口が詰まって発熱異常の警告灯が良くつきます。
カローラスポーツはまだ経験がないのですが、同じなのであれば熱による劣化が早いことが想定されます。
フィールダーの欠点を上手く設計に反映できていれば、問題ないでしょう。

性能の向上に関して、コンピューターの制御次第なところもあるので、改良はされているでしょうね。
逆にコストダウンを進めている部分もあるでしょうから、これらの耐久性は未知数かと。

結論としては、実際に10年後にならなきゃ判断できない。

アバター

質問した人からのコメント

2020/5/28 21:30:39

確かに、システム本体の性能が上がってるのもあるので、なんとも言えないですよね。 最近カローラスポーツHVに乗ろうかなと思い、何気無くバッテリー電池を調べた所、ニッケル水素電池使用との事でしたので質問しました。 

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

dts********さん

2020/5/2712:01:23

> 寿命の持ちが長くなったり、性能が良くなったりしているのでしょうか?
可能性はあります。

ただし、素材や製造技術の向上だけではなくハイブリッドシステムのエネルギー制御技術の向上によって達成してると思うので、カローラスポーツHVのバッテリーを30プリウスに無理やり移植しても誤差レベルとかレスポンス低下の可能性もあります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる