ここから本文です

外国人の名前の発音が、「マンコビッチ」など、わいせつな響きになる場合、放送コ...

kya********さん

2009/1/2623:02:16

外国人の名前の発音が、「マンコビッチ」など、わいせつな響きになる場合、放送コードに引っかかったり、個人が人前でスピーチするにはどうすればいいですか?

外国人の名前の発音が、渡航先の国では淫靡な響きになってしまうという不運はままある。
麻生太郎元外相の姓も英語では、“ASSHOLE(尻の穴)”に聞こえたという。
笑い話程度で済めばいいのだが、名前の影響というのは決して小さくない。
逆に日本語で聞いて、口にするのをためらわれる名前も多く、聞けばその違和感を実感できる。
1962年に大毎オリオンズに入団したマニー。
本名は「フランク・マンコビッチ」だったが、放送コードに引っ掛かる為、「マニー」で登録された。

このほか、
・ピーター・マンコッチ(スロベニア、水泳)
・ピエール・マンコウスキ(仏、RCストラスブール元監督)
・ロジャー・コーマン(米、映画監督)
・ジャン・チンチン(中国、女優)
・ドミトリー・サオーチン(ロシア、高飛び込み)
・ボブ・オーチンコ(米、元大リーグ投手)
・フランコ・ウンチーニ(伊、バイクレーサー)
・ヤンネ・アホネン(フィンランド、スキージャンプ)
・アハム・オケケ(ノルウェー、陸上)
・アドリアン・アヌス(ハンガリー、ハンマー投げ)
・ニャホ・ニャホ・タマクロー(ガーナサッカー協会元会長)など・・・

地名となるとさらに凄い

・漫湖公園(沖縄)
・エロマンガ島(バヌアツ)
・キンタマーニ(バリ島)
・チンポー湖(中国)
・チンコ川(スーダン、コンゴの国境)
・ヤキマンコ通り(ロシア)
・スケベニンゲン(オランダ)など・・・

最も、インパクトのある名前は、決してマイナス面だけではない。
1957年に日本プロレスに参戦し、“黒い魔神”と呼ばれ一世を風靡(ふうび)した「ボボ・ブラジル」。
九州の一部で女性器や性交の事を「ボボ」と言う為、騒ぎとなったが、力道山やジャイアント馬場を
苦しめる敵役として一躍人気者となった。

閲覧数:
50,490
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

si7********さん

2009/1/2623:25:41

固有名詞ですから仕方がないですね。さらっと流すしかないと思います。
私達の名前やこちらの地名にしたって、どこの国で変な意味になっていないとも限りませんしね。

(「○○区」というのが政令指定都市では必ずありますが、「区」は言語によっては「肛門」という意味になるそうです。
政令指定都市にお住まいの皆様ゴメンナサイ…m(_ _)m)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「マンコビッチ」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる