南海トラフ巨大地震と富士山の巨大噴火は、セットで起きうるのでしょうか? その場合には、日本の原子力発電所は、同時多発的にメルトダウンなどの過酷事故を引き起こしますか?

南海トラフ巨大地震と富士山の巨大噴火は、セットで起きうるのでしょうか? その場合には、日本の原子力発電所は、同時多発的にメルトダウンなどの過酷事故を引き起こしますか? 若狭湾の『原発銀座』にある日本原子力発電の敦賀原子力発電所2号機、関西電力の美浜原子力発電所、高浜原子力発電所、大飯原子力発電所は大丈夫でしょうか?

ベストアンサー

0

南海トラフ巨大地震と富士山の巨大噴火は、セットで 起きうるのでしょうか? あくまで私見ですが南海トラフ地震と鬼界島カルデラの方が 可能性が高そうです。 https://indeep.jp/caldera-eruptions-could-be-soon-in-somewhere-include-japan/ まず火山灰は微粒子の粉塵でありモーター等に入り 焼き付きを起こします。そうすると冷却水が来なくなり 当然メルトダウンが起きます。 後はこの微粒子の粉塵が肺に入り肺の酸素取り込む細胞が傷ついて 呼吸が出来なくなる危険性があります。 南海トラフだけでも大被害なのに鬼界カルデラが絡んだら最悪です。 九州に津波、火砕流、火山灰のコラボが襲い 九州人は絶滅します。おそらく九州と四国の 原発はすべてメルトダウンします。川内原発は火砕流、津波、火山灰の トリプルアタックで100%メルトダウンします。作業員も 火砕流で助かりません。 かつて鬼界カルデラの噴火で九州にいた縄文人は全滅しました。 火山灰は仙台まで飛びました。 おそらく大阪より西では助からない可能性があります。 そして九州全土後は四国が放射能汚染されて住めなくなります。 あくまで私見だけど鬼界島カルデラはやばいのは事実です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます!

お礼日時:6/2 21:18

その他の回答(1件)

0

物騒だが、有り得るとしか言い様が無いのであります。 宝永南海トラフ地震がM8.6〜9クラスで1707年10月28日に発生しており、その49日後の1707年12月16日には富士山の【大規模噴火】で在る宝永大噴火が発生しており、地震と火山の噴火はセットなのであります。 その場合には、M9前後と想定致しますと、南海トラフ巨大地震により、浜岡原子力発電所、【中央構造線上】の原子力発電所で在る伊方原子力発電所と川内原子力発電所は、一発でアウトに成りかねないのであります。 当然に、同時多発的に原子力発電所は、メルトダウン⇒水素爆発&核爆発を起こし得るのであり、地震だけでも斯様な事態に成るのであり、此れに富士山等の大規模火山の【大規模噴火】が起きると、火砕流や火山灰により原子力発電所も無事では済ま無いと思うのであります。 南海トラフ巨大地震は和歌山沖をも震源域とするのであり、これが阪神・淡路大震災の活断層として動いて、琵琶湖経由で若狭湾の【活断層密集地帯】へと影響すれば、M7〜8の大規模地震も考えられるのであり、若狭湾の【原発銀座】の4原発もタダでは済ま無いと見ているのであります。 日本原子力発電の敦賀原子力発電所2号機、美浜原子力発電所、高浜原子力発電所、大飯原子力発電所の4原発でも、メルトダウン等が発生し得るし、配管等に亀裂が出来るとタダでは済ま無いのであり、一刻も早い【即時原発廃止ゼロ】を実現すべきと思うのであります。 何れに致しましても、南海トラフ巨大地震に限らず巨大地震には、必ずと言って良いほどに火山の【破局的大噴火】が連動し得るのであり、こんな地震大国・火山大国・津波大国には、原子力発電所は在っては成ら無いモノと断言出来るのであります。

画像