ここから本文です

在職老齢年金 47万の壁 みなさんどうしているか 父が来月で65歳になります...

cle********さん

2020/5/3023:39:41

在職老齢年金 47万の壁 みなさんどうしているか

父が来月で65歳になります。
現在も会社勤めをしていて、厚生年金に加入しています。
65歳過ぎても今の会社に変わらぬ待遇で勤め続けます。

毎月額面43万ほどの収入ですので(ボーナスなし)年金減額の47万は
超えてしまいます。
この場合ってみなさん繰り上げ受給にされるのでしょうか?
それとも超えた分の半分を減額されたものを受給されるのでしょうか?
他になにか道があるのでしょうか・・・

父も母も資料を読むのがめんどくさいと向き合わず(ひどい話です)
娘の私がせっつくしかなさそうなので、どなたか教えてくださいませ;;

閲覧数:
100
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jom********さん

2020/5/3100:01:11

道はあまり有りません。

老齢厚生年金を繰り下げても、減額される額分は繰り下げの増額から除外されます。

老齢厚生年金を繰り下げると、年下の妻に給付される加給年金39万円程度が給付されなくなります。

なので、老齢厚生年金は普通に受給するのがお勧めですね。

老齢基礎年金分は、加給年金を受けられる期間程度は繰り下げても良いかも知れませんね。
年金の受給額が公的年金控除額を越えると、給与収入と合算して累進課税が掛かりますからね。

質問した人からのコメント

2020/6/4 01:36:41

御三方、大変ためになる回答ありがとうございました。
本文間違えてましたね。正しくは繰り下げでした。
加給年金をもらうために、そのまま受給することになりそうです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jrd********さん

2020/6/216:40:51

文面から見ると、固定給で月額43万円のようですね。
通常、残業が含まれる場合は、3~5月の残業代を減らして、年金の基礎計算となる標準報酬月額を下げるのですが、難しいようですね。
繰り上げ受給もできないです。
繰り下げ受給をしても、カットされた分は増額になりません。
そのまま継続するしかないですね。
老齢厚生年金の年額50万円を超えた分の半分がカットの対象になりますね。

私も同じ状態です。ただ、残業代を3か月カットして減額分を抑えようとしています。特別支給の老齢厚生年金3年分もカットされていますから、数百万円の損失になりますね。

働く人が損する制度って、異常ですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

yah********さん

2020/5/3102:01:36

まずは、65才になると、繰り上げ受給はしない。全額支給調整でカットされます。
余命3ヶ月なら、60才からの繰り上げ受給で、基礎年金を一括で270万貰えるので、あるけどね。

普通は繰り下げ受給を選択するかどうか。
標準報酬月額が47万超えるなら、全額支給調整になり、加給年金すら貰えない。
手はないから、繰り下げ受給の一手しか選択肢はない。
65才になると、配偶者は第3号被保険者ではなくなるから、60以下なら、国民年金を払う必要があります。
母の年金確保を気にする方が大事。
父の基礎年金は、75才まで繰り下げれば、140万にはなるかもね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる