ここから本文です

交通事故について質問です。 去年交通事故にあってしましました。少し特殊で相手...

tak********さん

2020/6/502:53:57

交通事故について質問です。
去年交通事故にあってしましました。少し特殊で相手が任意保険に未加入でなおかつ自己破産を2回していて金銭敵に余裕がないそうです。過失割合は自分1:相手9でし

た。
自分の加入している任意保険に相談した所自分が負った怪我が後遺症障害に認定される可能性があるかもしれないので認定されれば「無保険車特約」で自分の加入している任意保険から支払いをしてくれるそうです。後遺症障害認定がされない場合は自賠責の120万と相手の支払いのみと言われました。まだ、抜釘手術も済んでいないので後遺症障害認定はできません。
ここで質問なのですが現在、弁護士特約で紹介された弁護士に相談しているのですが「症状固定と診断されるまでは特にできることはありません」と言われ1度面会しただけです。弁護士さんによっても違うと思いますがこの対応が普通ですか?それとも相手から支払いいただけないから適当な対応をされているのですか?
ネットなどの事例を拝見すると「症状固定を診断される前から相談され」などの記事をたくさん見ます。また、後遺障害認定の話をしても「自分で資料集めるから大変ですよ」などと言われました。弁護士さんはそういった資料集めなどを行い後遺障害認定と診断されやすくするのが仕事ではないのですか?
やはり他の弁護士さんに相談した方がいいのでしょうか?
半分愚痴っぽくなってしまって申し訳ありません。

閲覧数:
61
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

虎の子さん

2020/6/513:27:33

医師は患者の治療に弁護士が口をはさむのは
はっきり言って良い顔はしません

後遺障害云々まで弁護士が関わってくるような患者は
早々に縁を切りたいのが本心です

後遺障害が認められるかどうかは
主治医の診断(作成した診断書の内容)次第
治療中に弁護士に依頼するなどは
一番味方にしないといけない主治医を敵に回す行為

弁護士の仕事は治療終了後(後遺障害があるならその認定後)
相手からの金額をいかに吊り上げるかが仕事

>>ネットなどの事例を拝見すると<<
弁護士が書き込んでいるものなら
弁護士に都合の良い内容しか見えません

>>症状固定と診断されるまでは特にできることはありません<<
弁護士としてはまともな方だと思います

日本の法律上はいかに賠償責任があろうと
支払能力(収入や資産)のない人間から
強制的に回収するすべは有りません

>>任意保険に未加入でなおかつ自己破産を2回していて<<
如何に弁護士が頑張って最高の判決を勝ち取っても
結局今回のような相手だとまともに支払ってはもらえません

>>相手から支払いいただけない<<
状態で弁護士に依頼すること自体あまり意味が有りません

質問した人からのコメント

2020/6/5 13:33:47

貴重な意見ありがとうございます。
後遺障害認定は医師と話合いその後の対応は弁護士に任せたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

tra********さん

2020/6/509:47:06

普通です。示談交渉は治療を終えてから行うものです。治療を終えなければ後遺症が残ったのかどうかもわかりませんし慰謝料なども通院を終えるまでの通院記録からの判断ですから通院途中では通院記録もわかりません。
示談交渉するにしてもそもそもいくら支払えという請求金額を出すことができません。金額もわからないのに示談交渉のしようがありません。

又怪我の治療それ自体弁護士は医師免許のない素人ですから治療についての口出しはしません。治療については専門家である医師の判断です。
後遺障害の資料集めってなんですか?後遺障害については治療が終わって後遺症が残ったのかどうかですから治療中は後遺症が残るかどうか残ったとしてもどの程度なのかもまだわからないのにわからないものについてどうやって資料を集めるというのですか?又上記に記載したとうり怪我や後遺症などの専門家は医師であって弁護士は素人です。弁護士はあくまで法律の専門家なんですから。後遺症の症状自体は専門家の医師が診断書を出してくれますよ。弁護士ばここのところもう少し詳細に記載できないかなどそういうアドバイスやお願いはするかもしれませんが弁護士は申請に必要な書類を作成するだけです。実際後遺障害で認定されるかどうかはあくまで質問者様の症状です。後遺症が残ることなく完全に完治しましたとなれば元々後遺症がないんですから弁護士にしても嘘はついてくれませんから単に症状ないものについて認定はないというだけでまた症状があっても認定基準に達してるのかどうかです。どのような後遺症が残ったのかそんなものは質問者様の怪我次第で弁護士が変われば質問者様の後遺症の症状が変わるわけではないんですから質問者様の後遺症の症状が認定基準に達してるなら認定される達してないなら認定されないというだけです。
医師にしても専門家ですから診断書もきちんと作成してくれますよ。

min********さん

2020/6/509:27:37

弁護士は法律のプロであり医学的な部分は素人と同じ、現実的に後遺障害認定に精通した弁護士を探す方が認定を受けるより難しい。そんなもんです。

まして相手側が任意保険無保険、自己破産者では弁護士をもってしてもお手上げ。財産もない輩からは賠償金を回収する方法がないから。

弁護士費用特約が使えるなら質問者さんの自費持ち出しはないが、自費なら弁護士を介入するのは無駄。

弁護士は着手金だけしかもうからない、弁護士もやる気がない。

相手の自賠責保険と人身傷害保険ご自身の保険からの補償で我慢するしかない。

oas********さん

2020/6/507:58:56

>また、後遺障害認定の話をしても「自分で資料集めるから大変ですよ」などと言われました。弁護士さんはそういった資料集めなどを行い後遺障害認定と診断されやすくするのが仕事ではないのですか?

あまり詳しくない弁護士のようですね。次に相談されることを勧めます。有名な交通事故の先生でも資料集め、被害者請求をろくにしない先生は残念ながらいます。なのでこの辺はなかなか難しいところですが初めの弁護士さんのたどり着き方が気にはなります。

とりあえず保険会社から紹介を受けてはどうでしょう?普段加害事故の弁護をやっている可能性はありますが少なくとも交通事故にかけては最低限の知識はあります。先の弁護士をHPで自画自賛で交通事故専門とうたっていたというだけでたどり着いたはまず専門性のある弁護士である可能性は低いです。下手すると無保険車傷害特約の特性すら把握していない可能性もあります。

少なくとも今後の展開を説明すべきでしょう。診断が不明ですがどこを医師にアピールしたりなど時としてそれだけで認定度合いが異なってくるからです。

どうしてもこだわるのであれば判例集などを購入し、その中で被害者に有利な判決を勝ち取っている弁護士事務所へ問い合わせるのも一つの手です。交通事故を主に取り扱っていなくてもいい先生に巡り合う可能性は高いです。交通事故だけの弁護士って時として傲慢な弁護士もいます。

企業法務などを行っている先生は社長などが相手になることもあるため謙虚な先生が多いです。今のビジネスシーンでふんぞり返って依頼人に説教おっぱじめたりする弁護士は時代遅れです。そういうのは相談の段階で途中退席してもよいと思います。時間の無駄ですので。我慢することはありません。

ja4********さん

2020/6/506:13:18

残念ながら事故の相手は選べません。
そのためにお怪我の場合には人身傷害、車の損害には車両保険が有ります。
自分を守れない保険では保険料の無駄使いです。

>症状固定と診断されるまでは特にできることはありません

症状が固定するまでは医師の仕事ですから当然です。

弁護士も商売ですから、回収見込みのない(不確実な)個人相手の損害賠償請求などには高額な手付金を払わない限り本気で取り組みません。
回収できなければただ働きです。

>資料集めなどを行い後遺障害認定と診断されやすくするのが仕事ではないのですか

自賠責の被害者請求に必要な資料は請求者でも簡単に入手できます。
「後遺障害が認定されやすく」するのではなく認定されるのが確実な案件以外は受任しないのです。

*弁護士の宣伝はほとんど誇大広告です。
金額はともかく確実に賠償金が支払われる保険会社相手の交渉ですし、少なくとも保険会社の算出による損害賠償金は支払われますから仮に回収額に対する成功報酬での受任で有れば取りはぐれは有りません。
経済的利益分を成功報酬とする場合は可能性のある案件しか受任しません。
弁護士費用特約で支払われる成功報酬も契約者の経済的利益部分のみです。

2020/6/506:08:42

いつ相談されても結構ですが、治療中に示談や後遺障害の話は
進む訳が無いのです
弁護士はお客の愚痴を聞いてあげる仕事では無いのです
どの弁護士も同じです
お大事に

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる