ここから本文です

どっかの漫画で「肺は鍛えられない」とかあったんですが、 マラソンの人とかが高...

zoo********さん

2020/6/2405:15:49

どっかの漫画で「肺は鍛えられない」とかあったんですが、
マラソンの人とかが高地でトレーニングしたりしてるのは
「鍛えてる」わけじゃ無いって事??

閲覧数:
421
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

juugoyaokamiさん

2020/6/2405:44:54

肺は簡単に言うとただの袋で、筋肉も何もないから、肺そのものは鍛えようがない。
肺活量が上がるのは、横隔膜などの筋肉が鍛えられるからで、酸素を効率よく取り入れるようになるのは、赤血球が増えるから。
したがって、「肺の能力」を鍛えてはいるけど、肺そのものを鍛えてるわけじゃないということ。

  • 質問者

    zoo********さん

    2020/6/2405:50:59

    そうなんですか!? ただの袋!!?

    分りました!!(´-ω-`) 
    ありがとうございました

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2020/6/30 07:08:47

皆様、丁寧なご説明、ありがとうございました。

ちょっと鍛えてみようかと思ってますW 
いや近頃体調が心配……こほこほっ

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

poi********さん

2020/6/2823:23:17

juugoyaokami

さんの回答のとおり。
わかりやすい回答ですね。

1票入れておきます

プロフィール画像

カテゴリマスター

bla********さん

編集あり2020/6/2411:53:08

肺自体は鍛えられないですね
鍛えられるのは横隔膜など肺を動かす筋肉がまず1つ
体全体の筋肉が酸素を有効に活用できるようにするための最大酸素量が鍛えられます、これが1つ
そして血液をより体に送るための心臓が1つ
これらを鍛えることでいわゆる肺を鍛えるということにはなりますが肺そのものを鍛えている訳ではありません
肺をさらに有効的に活用する能力を鍛えていると言った感じでしょうか

sqk********さん

2020/6/2411:26:20

ある程度は鍛えられますよ。
水泳の選手とか肺活量が多いでしょ?

>どっかの漫画で「肺は鍛えられない」

漫画が間違っているだけ。
下の回答はおかしい。
「胚は」というのだから胚全体の能力の話で肺胞ひとつの能力でもないし、筋肉を除くわけでもない。肺は運動によって機能が向上するのはあたり前。

プロフィール画像

カテゴリマスター

y45********さん

2020/6/2408:21:26

人が活動するには、酸素を体内に取り込み、血液に乗せて身体中に運ぶ必要があります。

高地トレーニングとは、酸素濃度の低い所で活動する事で、血液が酸素を運ぶ能力を向上させる事が目的です。
(赤血球・ヘモグロビンを増やし、血中の酸素を増やす)

肺を鍛えてる訳ではありません。

また最近になって議論されてるマスクトレーニングは、吸気しにくくする事で、吸い込む力を向上させてるだけです。
具体的には、横隔膜をはじめとした呼吸筋と呼ばれる呼吸の際に使う筋肉のトレーニングです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる