ID非公開

2020/6/26 0:27

33回答

山口百恵さんのさようならの向こう側、 馴染みのない20代でも知ってる名曲ですが オリコン週間4位、ザベストテンでは最高3位となっています。 百恵さん最後ということで盛り上がったと思う

山口百恵さんのさようならの向こう側、 馴染みのない20代でも知ってる名曲ですが オリコン週間4位、ザベストテンでは最高3位となっています。 百恵さん最後ということで盛り上がったと思う のですが なぜランキングなどでは上がらなかったのですか?

ベストアンサー

2

当時のオリコンを見ていくと様子がうかがえます。 まずこれが1980年のウィークリー1位の推移 https://ja.wikipedia.org/wiki/Template:%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B3%... 今みたいに引退祝儀で山口百恵だからと楽曲がバカ売れするような時代では無かったというのがお分かりいただけると思います。 ちなみに松田聖子がが初めてオリコン1位になるのは3rdシングルの「風は秋色」でした。 次に1980年の月間ランキングを見ていきましょう。 まず7月 https://cd100.net/oricon/19800701.html これが8月 https://cd100.net/oricon/19800801.html ウィークリー1位でも分かっていたようにもんた&ブラザーズの「ダンシング・オールナイト」が3ヶ月に渡りバカ売れしていると言うように、山口百恵の引退とは別で音楽シーンが動いていた事が分かると思います。 前の回答者さんが答えていたように、7月では山口百恵の曲が7位にランクインしていたのに7月発売で圏外だった松田聖子の「青い珊瑚礁」が翌8月では7位にランクを上げており8月のオリコンTOP20から山口百恵の名前が消えているのが見て取れます。 そしてこれが9月 https://cd100.net/oricon/19800901.html 翌月の9月になると7月1日発売の「青い珊瑚礁」は発売2カ月目にして月間オリコン2位と更に順位を上げ躍進します。 ここで8月21日発売の山口百恵「さよならの向う側」が9位にランクインして10月に7位、11月は8位と安定して高い水準で売れていた事がチャートを見るだけでも分かります。 URLを5個まで貼れるからこれが10月 https://cd100.net/oricon/19801001.html この10月に前出の10月1日発売の松田聖子「風は秋色」が10月の第2週にしていきなり1位を獲得したように世代交代を見せつけるかのような結果となった。 もう2年前くらいになるのかな安室奈美恵が引退した時のような引退ビジネスで盛り上がるような世相がこの昭和の1980年には無かったという事です。 チャートインするくらい変わらずの人気を見せていましたが、オリコン1位にして送りだそうみたいなノリは現代的な感覚だという事ですね。 ※キャンディーズは引退シングル「微笑がえし」で初のオリコンウィークリー1位を取りましたが、これはファンがオリコンウィークリー1位を取った事の無かったキャンディーズの夢を叶える為に70年代に最大規模を誇った親衛隊や公式ファンクラブのファンが結託して達成された事は有名ですがこれはまた別の話。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても詳しく、ありがとうございました。

お礼日時:6/30 13:21

その他の回答(2件)

0

オリコンもザベストテンも一位を獲れませんでしたね。さよならしたくないファンは買わなかったと思う。 キャンディーズファンの様な一人、複数枚を買うファンも居ない ファン全員が結婚に祝福しなかった特に男性ファンの多くは。 女性ファンは大体は祝福してくれたと思う。結婚で男性ファン離れも加速したかも。 けれど引退には流石の男性ファンの自分もショックが大きく受け入れられなかった。 シングル曲はファンになった♪ちっぼけな感傷から全て買う事を決めてたから 自分は買って♪一恵も買いましたが受け入れられるには少し時間がかかり 百恵ちゃんが幸せになってくれるならと受け入れました。 今になってユーチューブの再生回数が一番に増えてますね。 百恵ちゃんを知らない若者ファンも聴いてる様です。

0

この曲は 1980年8月第3週の発売でした。 確かに山口百恵最後の作品で、盛り上がりはしました。 しかしこの年のデビューした、ある新人アイドルが 2か月前に出したシングルが、 この時期、空前のメガヒットになっていました。 そう、そのアイドルとは 松田聖子。 彼女の出世作となった「青い珊瑚礁」が7月第一週の発売で 世の中を席巻していたのです。 百恵ちゃんの引退は、3歳年下の聖子ちゃんの勃興と 入れ替わりでもあったのです。