ここから本文です

今オリンパスのカメラを買うのやめた方がいいですか?

アバター

ID非公開さん

2020/6/2805:22:06

今オリンパスのカメラを買うのやめた方がいいですか?

閲覧数:
162
回答数:
16

違反報告

回答

1〜5件/16件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dzp********さん

2020/7/421:26:03

経営する会社が変わるだけですよ。

私は、オリンパスのフォトパス会員ですが、
今後も開発や販売に関して変わらないので、安心して製品をご利用下さいと通達がありました。

多分、こういった問い合わせが増えたんでしょうね、、、。全国ニュースになってしまったし。風評被害を被らなければ良いけど。

ちなみに、今年の冬に開発中の150-400mm F4.5が発売されます。また、8-25mm F4.0や新規のマクロレンズの開発発表もありました。

オリンピックに合わせて予定していたと思われる150-400mmの発売がどうなるか心配でしたが、遅れたものの発売にこぎ着けられそうで何よりです。このレンズ、凄いですよ。テレコン使うと、35mm換算で2000mmというとんでもないレンズです。私は野鳥を撮っていますが、新たな世界が切り開けそうで非常に楽しみです。さらにE-M1Xのファームアップで、インテリジェントAFに野鳥が加わるみたいです。もー、野鳥写真家なら、このレンズ、買うしかないでしょ。破産しそうだけど( ̄▽ ̄)ちなみに2000mmは、市販のレンズ交換式カメラでは、最も望遠の効くカメラとなります!!スゴイぞ、オリンパス!!

売却、白紙撤回希望!!(笑)

ということで、別に一般消費者に影響する事じゃないと思います。むしろ、経営の見直しで無駄なコスト削減できるんじゃないかな。オリンパスってミラーレスで国内3位のシェアがあるのに赤字なんですよ。正直、経営や営業の失敗だと思う。

エントリー機で安売りし過ぎなのと、もっと自社のカメラに自信を持って営業したら良いと思う。フルサイズに押されすぎ。画質もかなり良いのに、良さを売り込めていない。代わりにやったろかって、たまに思う(笑)

2020/7/417:56:56

答え、 デジタルカメラ… 10年以上売れないです。 なぜなのか? 1.スマホ、 アイホン 普及にて、 デジタルカメラを必要としなくなった… オリンパス製品の宣伝は、昔から下手なのです。 LUMIX 浜崎あゆみ 宣伝は、効果あった。 … カメラの性能が、 ⭕飽和状態でして、 今後. 性能が、上がりきれる デジタルカメラ これを作れない! その他… オリンパス車内問題 【低迷原因】 それが、 簡単な カメラ普及し過ぎ… オリンパス車内問題… そうなります。 ………… ~~~ では、オリンパス製品 悪いのか? ……… 普及される 簡易型 レコーダー … オリンパス製品! 断トツの良い性能です。 宣伝が、下手! カメラの宣伝と同じ… 良い物は、 オリンパス製品 あった… そうなります。 ………… ~~~ オリンパスカメラは、今は、 買うべきか? ニコンの 【画素数等 性能では、分からない】 カメラでは、 きちんと 写らない… カメラあります。 そう 考えたら、 オリンパスカメラ 探せば、 値段以上の物が、あります。 ※ あくまでも、 良し悪しは、 個人で決めて下さい。 もしも、 カメラに、 興味があれば… その方なら、 無くなる前に… 買うべき。 特別興味がなければ… 別に… 買わなくても カメラは、 多数普及してますから…。

san********さん

2020/6/3016:05:59

オリンパスは
在庫がたくさん売れ残ってるカメラを
もうすぐアウトレットに大量処分するから
もう少し待ったほうがいい。

大幅値引きされた
激安中古品として
売られるでしょう。



オリンパスはカメラ事業と完全にオサラバする。



赤字のカメラ事業売却のオリンパス、“重荷”降ろして浮上なるか?
6/25(木) 16:10配信



デジタルカメラを主力とする映像事業を投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP、東京都千代田区)に売却することを決めたオリンパス。9月末までに契約を締結し、12月末までに手続きを終える予定。オリンパスは内視鏡を中心とする医療事業に経営資源を集中する。


オリンパスの映像事業はデジカメのほか、ICレコーダー、双眼鏡を含む。同社はまず映像事業を分社化し、ある程度の黒字化が見込めるまで構造改革を実施。その上でJIPに映像事業の新会社の株式を全て譲渡する。黒字化に向けた具体的な施策について現段階では未定としている。

オリンパスの2020年3月期の映像事業の売上高は436億円(前期比10・4%減)で、全社売上高に占める比率は約5%。同期まで3期連続で営業赤字が続いていた。

同社のデジカメは「PEN」ブランドなどのミラーレスカメラが主力。調査会社のBCN(東京都千代田区)によるとオリンパスのミラーレスカメラの国内シェア(19年)は23・4%でキヤノン、ソニーに次ぐ規模。

オリンパスはデジカメの生産効率化や収益性の高い交換レンズのラインアップ強化など手を打ってきた。しかし、高いカメラ機能を持つスマートフォンの攻勢を受け、黒字化できなかった。重点領域の医療事業に資源を集中したい同社にとってデジカメの開発体制維持は重荷だった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/15cf472a71283fc001eeddaeffe8bc557...




オリンパス、カメラ事業を売却へ 84年の歴史に幕
6/25(木) 11:24配信




世界的なカメラメーカーだった日本のオリンパスが、84年の歴史をもつカメラ事業を売却することになった。同社が24日、発表した。


オリンパスは、最大限の努力をしたが、極めて厳しいデジタルカメラ市場で利益を生むのは難しいとした。


スマートフォンの登場によってカメラ市場が縮小したのが、大きな理由の1つだと説明した。


同社は過去3年間、営業赤字を計上していた。




■70年代に大人気に


顕微鏡メーカーだったオリンパスは、1936年に最初のカメラ「セミオリンパスI」を製造。アコーディオンのように伸び縮みする蛇腹があり、当時の日本人の月給より高価だった。


その後、何十年にもわたってカメラ開発を続け、市場占有率でトップを争うメーカーとなった。


「オリンパス機への愛着はとても大きく、すぐに思い返せる」と、英雑誌「アマチュア・フォトグラファー」のナイジェル・アサトン編集長は話す。


イギリスでは1970年代、有名写真家のデイヴィッド・ベイリー氏やリッチフィールド卿などが登場したテレビ広告で、人気のピークを迎えた。


「当事のカメラは革命的だった。とても小さく、とても軽く、デザインは美しかったし、高品質のレンズを備えていた」とアサトン氏は振り返る。


オートフォーカスなどの新技術に苦しんだ時期もあったが、ファンは離れなかったとアサトン氏は言う。デジタルカメラには早い時期から適応し、再び人気を博した。


しかしその後、ミラーレスカメラを、「写真にそれほど真剣ではない人に向けて開発した。シャッターを押すだけのカメラよりは本格的なものが欲しいが、デジタル一眼レフはいやだという人たちを狙った」。


「その市場はものすごい早さでスマートフォンに飲み込まれ、消えてしまった」とアサトン氏は言う。


単体カメラの市場は急激に縮小しており、2010~2018年に84%落ち込んだとの推定もある。




■「袋小路に入ってしまった」


「オリンパスには非常に不満を感じている」とアサトン氏は言う。「ここ数年、間違いや誤った決定、判断ミスを重ね、袋小路に入ってしまった」。


アサトン氏は一例として、ビデオ分野で他社に遅れをとったことを挙げた。


2011年には、幹部らが関与した不正会計がオリンパスで発覚した。


オリンパスは現在、カメラ事業を投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)に売却するとともに、「ズイコー」(Zuiko)レンズなどのブランドが今後、新会社から出される製品でも使用できるよう契約協議を進めている。


オリンパスは声明で、協議がまとまるまではこれまで通り事業を続けると説明。「JIPのもとで事業を展開することが(中略)オリンパスの製品を愛好するお客様への価値提供と、そのために働く従業員にとって最適であると判断」したと述べた。


企業としてのオリンパスは今後も存続する。顕微鏡の製造は続けており、内視鏡などの科学医療機器に技術を応用している。


https://news.yahoo.co.jp/articles/36aa0e179b0829035232c74c0deb0945f...





オリンパス、カメラ事業を売却へ。
スマホ普及で3期連続赤字だった。
6/24(水) 19:09配信



オリンパスは6月24日、デジタルカメラなどの映像事業を新会社として分社化し、国内の投資ファンドに売却すると発表した。


赤字が続く映像事業を黒字化が見込めるように「構造改革」した上で分社化し、12月31日までに投資ファンドの日本産業パートナーズに売却するという。




80年以上のカメラ事業の歴史


オリンパスは1936年に自社製のズイコーレンズを搭載した「セミオリンパスI型」を発売して以降、80年以上にわたってカメラ事業を継続してきた。


ニコンとキヤノンという2大メーカーに比べると小型のカメラに開発に定評があり、1959年に発売されたハーフ判カメラ「オリンパス ペン」は大ヒット。2000年代に入ってからもミラーレスデジタルカメラとして「オリンパス ペン」の名前を復活させて人気を集めていた。


しかし、スマートフォンの普及でデジタルカメラの市場が縮小する中で収益が悪化。2020年3月期まで3期連続で営業損失を計上していた。




ハフポスト日本版・安藤健二


https://news.yahoo.co.jp/articles/f15cf5e758f9cd36114bed3238d0dd1e3...

えいみさん

2020/6/2921:52:14

不安ならやめたほうがいい。
ここの連中の意見で不安が取れて納得のいく結果を得る自信があるなら別ですが。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/6/2818:14:53

先行きが見えないので何とも言えませんが、マイクロフォーサーズ自体はとても売れているカメラで売り上げは大きいです。

それに、これはオリンパスの決断が早かっただけで他のメーカーも、もっと最悪の状態で今後は起こり得る事です。

経済低迷の中、輸出に頼るカメラ業界において新型コロナウイルスで始まる世界経済の落ち込みで、ただでさえ売り上げ全体が落ち込むカメラ産業に打撃を与えるのは間違いありません。

オリンパスを積極的には薦めるのは憚れますが、先行きが暗いのはどのメーカーのカメラも同じです。
むしろオリンパスの民生カメラはテコ入れが入るでしょうから完全撤退から遠のいたとも見れます。

予算内で好きなカメラを買うのが一番良いです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる