回答受付が終了しました

ID非公開

2020/6/29 0:28

66回答

交通事故によって怪我をした場合の対処について質問です。 私の娘(当時25歳)が去年、自転車で通勤中、信号ありの交差点の横断歩道で、左折進入の車と接触し、片足の足首を解放骨折する怪我を

交通事故によって怪我をした場合の対処について質問です。 私の娘(当時25歳)が去年、自転車で通勤中、信号ありの交差点の横断歩道で、左折進入の車と接触し、片足の足首を解放骨折する怪我を おいました。 手術後、リハビリも受けましたが、軟骨欠損、硬縮などにより、後遺障害が出ています。秋頃に抜釘を控えているところです。 弁護士を挟んだ方がよいのでしょうか。 因みに、入院治療に関しては、労災適用であったため、労災保険で対処してもらっています。

交通事故41閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(6件)

0

弁護士を挟む目的は何かです。保険と揉めてたりお金目的であれば弁護士は検討することもいおと思います。逆に早期解決を図るのであれは弁護士は必要ない可能性は高いです。 少なくとも弁護士に依頼しなくても保険の方から賠償金の金額提示はあるのでその金額に納得できるならサインすればすぐに示談でき支払われるので弁護士の必要性はなくなります。早期解決ができます。 ただ保険と何かしらで揉めてるのであればそれを解決するためには専門家である弁護士の方が確実でしょうし金銭的なことにしても弁護士に依頼すれば保険の提示額よりも高額になることも十分考えられます。ただ当然金銭の折り合いや揉め事が解決できなければならないことなので解決まで時間がかかる場合もありそれこそ話し合いで無理なら裁判する必要性も出てくるでしょう。実際後遺症が重いものであればそれだけ賠償額も高額になるので裁判しなければならなくなるということも考えられます。 ただ逆に言えば10万程度のことでなら裁判なんてとなっても百万単位千万単位で変わってくるなら裁判して時間がかかってもとなるかもしれません。質問者様の判断次第ですが。 ただいきなり弁護士に依頼するのではなく相談してから依頼するかどうかを考えてもいいとは思いますが。相場的に相談料30分5千円程度ですし社会無料などもありますから。相談費用や時間程度仮に無駄にしたとしても今後のことを考えるならいいとは思いますが。 又他の回答者で飛び跳ねるほど高くなるわけではないとありますが飛び跳ねるほど高くなる場合もありますよ。質問者様がそれに当てはまるかはわかりませんがそういう部分を相談して決めればいいと思います。

0

皆さん弁護士をと言いますが、何かある毎に弁護士を通さないと 事が運びません、書類提出やら面談で事務所に行くとか、かなり面倒です 労災が全てスムーズにやってくれているなら、任せた方が良いですよ 保険金額が飛び跳ねる程高くなる訳じゃ有りません

0

損保会社で人身事故の担当者などしていない、ただの交通事故での1級後遺障害者です。 今現在、別段不自由がなければ弁護士は必要ないと思いますよ。 この場合だと後遺障害が認定されれば、等級によっては裁判になっていく可能性も高く、より長引く事も考えられますね。 今現在で身体的な不自由があったり、書類関係や保険会社とのやり取りに対して煩わしさがあるなら今から頼んでも問題はありませんよ。私は事故後一週間で弁護士頼みましたよ。

0

あなたが言いたいのは、治療費以外に金銭を貰えないかってことですよね? 後遺症が残れば、後遺症に応じて保険金(自賠責)は貰えるでしょうから、治療一通り終わってからでは。 1年の間の不自由になった分と、今後の不自由さの分などですかね。 要求する金額に相手がノーといえば弁護士ですけど、先に相談するのもありかと。 治療後の様子も分からないので、相場も分からないのですね。 医者の先生にどんな感じになりそうなのか聞いてみて、自分だったら今の段階で役所の無料弁護士相談に先に相談してから、概要つかんで、どうするか決めますね。

1

事故の示談交渉をしている者です。 弁護士を入れるメリット ●慰謝料などがアップする ●知識があるため、自分一人でやってる時より気軽くになる デメリット ●長引く ●今どうなってるか気になってしまうこともある(ちゃんと連絡くれる弁護士は良いが、連絡を頻繁にくれない弁護士もいる) だと思います。

1人がナイス!しています