ここから本文です

南海トラフで確実に震度6強がくるだろうと予測される場所に住んでいます。割と内陸...

アバター

ID非公開さん

2020/6/3000:28:28

南海トラフで確実に震度6強がくるだろうと予測される場所に住んでいます。割と内陸の方なのですが、河口からは10キロくらいでしょうか。

津波の心配より、自分が今住んでるアパートが木造築26年、二階建ての一階に住んでいるのですが東日本大震災のように3分間揺れても耐えられるでしょうか?
みなさんなら引っ越ししますか?

閲覧数:
61
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rie********さん

2020/7/104:35:19

築26年だと1994年製品だから1981年の新耐震基準で建造されているが、2000年の改正は適用外だな。

81年の新耐震基準では、震度6強から震度7に達しようかという程度までで「倒壊しないこと」となっている。だが完全ではないし倒壊しなくとも何らかの被害は被る率が高い。

実際、くまモン地震の益城町周辺(地域によって震度7)では81年以降の新基準適用家屋では倒壊が8.7%で、それ以前の家屋は28.2%だった。
しかし、無被害だったのは少なく20.4%にとどまる(旧基準家屋では5.1%)。大部分は軽微から中破の被害(61.2%)を被り、大破が9.7%あった。
https://wellnesthome.jp/802/

81年新基準は建屋設計基準が主だが、2000年の改正では地盤基礎の設計や基礎との接続部や耐力壁などが見直され、それ以降に建てられた家屋では、益城町周辺地域で倒壊がわずか2.2%に激減し、無被害が61.4%と大半になった。


つうわけで、81年基準の木造だけに倒壊を含む危険性はあることを覚悟した方がよいだろう。軽量鉄骨以上の造りならば一応安心もできるが、2000年基準にも達しない木造だと引越しも視野に入れた方がいいかもしれぬ。
特に木造二階建てでは一階がつぶれる倒壊が多いことも考えに入れた方がよいだろう。

倒壊するかどうかは、神戸地震でもそうだったが、地盤がどういうところかに特に大きく依存する。
弱い地盤では何本ものコンクリートの柱を地下に打ち込んだり、地下の硬い岩盤まで鋼管を杭打ちしたりする。

河口からと書いてあるからには川沿いの住宅かもしれないが、ならば、氾濫原の弱い地盤に建っているかもしれない。

なので、住み続けたいなら、ハザードマップで地盤がどう分類されてるかを確認すると同時に、大家さんか建築業者からどういう工事、工法がされたのかをよく聞いて判断したほうがいいだろう。
自己流判断で思い込むのが最も危険だ。

あとは山際だったりすれば土砂が降って来たりなども心配する必要があるし、がけっぷちなら地盤崩壊もある。
隣の家かナヌかが倒れ込んでくるってなことも一度は検討したほうがええかも。

瓦屋根の家からは瓦が飛んできたりする。


こっちは2000年基準の軽量鉄骨二階建てアパートだが、大震災では震度6強で、二階部分は2メートルくらいゆさゆさ揺れたんで倒れないかと心配したが無事だった。地盤は山を削った造成地で固い。道路は少しひび割れもできた。アパートの基礎部分も揺れ、杭が動いた跡が穴になっていた。
だが地震後少しゆがみが残って入口ドアがきつくなった程度だ。しかしもちろん部屋の中はぐっちゃとなった。

アバター

質問した人からのコメント

2020/7/6 10:06:22

遅くなって申し訳ありません。
皆さま親切に回答ありがとうございました
ベストアンサーはとくに沢山教えてくださった方にします
引っ越しする事にしました。
体力はいりますがいつくるかいつ死ぬかわかりませんもんね。それなら楽しくなるべく不安なく過ごしたいし、不安を減らすのが先決ですよね!
ありがとうございました、また質問させてください

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

csu********さん

2020/6/3010:33:07

阪神淡路大震災を経験したのですが、
倒壊した家やマンション、
ビルなど多数目撃した時に得た疑問があるのです。

同じ町内なのに、
倒壊している建物と無傷の建物があるのです。

新しいビルが倒壊していて、
50メートルも離れていないのに古いビルが倒れていなかったり、

同時期に売り出した数軒同じ建売の家が並んでいる
区域もあるのですが、
倒壊している家と無傷の家がありました。

築年数よりも地盤かもしれません。
でも同じ家の数軒の建売とか
町単位ではそんなに地盤が違うとも言い切れないし、
竜巻が通った跡のように地震のパワーが通る跡とかあるのでしょうか?

ですから築年数だけではなんとも言えません。

阪神淡路大震災の時は一階部分が潰れている家を多数見ましたので
2階の方が安心かなと思います。
病院などビルの場合は中階層が潰れていましたよ。

直下型と海溝型では真下から地震波が来るのと
海の彼方の遠くから来るのでは揺れ方が違うと思います。
私は直下型しか経験していませんので、
私の見解は当てはまらないかもしれません。

私なら、引っ越します。
その理由は倒壊するかしないかではなく、
南海トラフ地震が起きるまで大丈夫かなと
心配している時間がもったいないと思うからです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2020/6/3007:33:40

心配で寝られないのならば引っ越してもよいのではないでしょうか。市が出している防災マップも参考になるでしょうか。

26年でしたら建物の心配はないでしょう。

最近の地震では家具が倒れたりものが落ちたりしてケガをする人が多いです。家の中を安全にしておくことを優先して考えましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる