ここから本文です

NHKは、亡くなられた西城秀樹さんのことは完全無視なのに、何で郷ひろみ特集ばっか...

アバター

ID非公開さん

2020/7/516:43:01

NHKは、亡くなられた西城秀樹さんのことは完全無視なのに、何で郷ひろみ特集ばっかやんの!?

閲覧数:
870
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nai********さん

2020/7/615:46:59

一昨年の紅白で西城秀樹さんに関して何らかの追悼企画があるのかと思っていたのですが、全く無かったので、昨年の紅白では「今度こそ!」と期待していたのですが、倫理観を完全に無視した『AI美空ひばり』の企画なんて本当にふざけていますよね。それに何で今頃という疑問が生じます。

おそらく紅白に10年間連続出場させている郷ひろみさんより、亡くなられた西城秀樹さんの方が人気が出ていると、世間から思われることを危惧して必死なんだと思いますが、郷ひろみさんを(白組では五木ひろしさんに次く多さの)32回も出場させるくらいなら、それだけの歌謡界の功績を残している唯一無二のスーパースターである、西城秀樹さんを1回くらいVTRで出場させてもよいと思います。

西城秀樹さんは、天性の声質(素質)があるからなのか、耳障りがよく本当に自然と心を揺さぶられます。歌唱力はもちろん、カッコいいパフォーマンスやスケールの大きさなど、唯一無二の存在で、やはり人を感動させる力は桁違いです。豪快さと繊細さの双方を併せ持った歌唱力と表現力により、邦楽のフォーク・ソング、演歌から、洋楽のポップス、ロック、バラード、ジャズ、カンツォーネ、ボサノバまで、どんなジャンルの曲も見事に歌いこなしました。

アバター

質問した人からのコメント

2020/7/6 19:30:26

秀樹さんって本当に格好いい、いつもまでも変り映えのしないアンチエイジングのひろみが歌うシーンはもう見たくない。実は御三家だの古い話はよくわかんないけど、すごいのは秀樹さんだけだ。若い頃の音楽性に気づいたが、差が余りにも激し過ぎる。

「西城秀樹」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

obl********さん

2020/7/521:40:00

亡くなりになられて直ぐにNHK総合テレビで、1993年に野口五郎さんと共演された『ふたりのビッグショー』は、再放送されましたが、1977年に西城秀樹さんが単独で出演された『ビッグショー~若さを誇らしく思う時に』は、放送されませんでした。私もこちらの方が絶対観たかったのですけれども。。。

西城秀樹さんを振り返ると『ビッグショー~若さを誇らしく思う時に』は、必ずベスト10の中に入る名場面、名ステージでした。男らしく整った顔だちとそれでいてセクシーな目鼻だち、さらに長身で脚の長いスラリとスリムなスタイルによる、ダイナミックなアクションと、ハスキーでエモーショナルな歌声による、全身全霊をささげた様な絶唱での、奇跡のビブラートを効かせた圧倒的な歌唱力、そしてそこから生ずるスケールの壮大な音楽の世界観と、西城秀樹さんが本当に規格外にカッコいい方だったことを実感します。

【若き獅子たち】
https://www.youtube.com/watch?v=IBC50vcuABw
【ラストシーン】
https://www.youtube.com/watch?v=3my7nl1BKWg
【This One's for You】
https://www.youtube.com/watch?v=Yq-wac8V9AE
【激しい恋~青春に賭けよう~君よ抱かれて熱くなれ
~傷だらけのローラ】
https://www.youtube.com/watch?v=qOngw2ceNDQ
【すべて忘れて!!】
https://www.youtube.com/watch?v=vNmqywCng48

是非、地上波で放送されることを切望しています!

pra********さん

2020/7/519:38:22

郷ひろみさんの特集については、申し上げることは何もございませんが、西城秀樹さんに関してお亡くなりになられた、一昨年の紅白歌合戦で何も言及が無かったというのは、強い憤りを感じます。せめて昨年の紅白歌合戦で美空ひばりさんのAIによる歌唱よりは、西城秀樹さんの過去の映像を少しでも流してほしかったですね。

こちらの知恵袋Q&Aに私が回答しましたが(個々のスタッフの単純な好みではなく)各メディアには企業として差別化するための独自色があり、それを元にして応援(ひいき)するタレントが決まっていて、メディア同士の力関係やつながりの程度によって、郷ひろみさんと野口五郎さんを応援する複数のメディア群と、沢田研二さんと西城秀樹さんを応援する単一のメディアに分かれます。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111988671...

郷ひろみさんと野口五郎さんを応援する日本テレビ系、フジテレビ系、テレビ朝日系、テレビ東京系の各メディアは、新御三家の中で「人気」は郷ひろみさん、「実力」は野口五郎さんということを世間にアピールする一方で、逆に西城秀樹さんの「人気」や「実力」については、世間の評価を下げるために、さりげなく批判してきました。

そしてこれらのメディアは、演歌を重視するNHKと共に「新御三家で一番歌唱力があるのは、野口五郎である。」という事を定説にするために、野口五郎さんの歌の上手さを番組でアピールする一方で、 西城秀樹さんに関しては、露骨に「声が悪い。」「怒鳴って歌っているだけだ。」「うるさくて引いてしまう。」「ひとりで酔って歌っている。」「歌に自信が無いから振り付けを入れている。」などと繰り返し悪評してきました。

さらに西城秀樹さんの曲の中で、「ちぎれた愛」「愛の十字架」「至上の愛」「ジャガー」「若き獅子たち」「炎」「ブルースカイブルー」などの歌唱力の高さが納得させられる様な曲を封印し、「情熱の嵐」「ブーメラン・ストリート」「YOUNG MAN」「薔薇の鎖」「激しい恋」などの歌唱力には余り関係の無さそうな、比較的に軽い曲を番組では多く取り上げました。

1973年には「情熱の嵐」がまずヒットし、続く「ちぎれた愛」「愛の十字架」が連続して新御三家で初めてオリコン1位を獲得、さらにその歌唱力が認められ新御三家で初めて『日本レコード大賞』の歌唱賞を受賞しました。

それにも関わらず同年の『NHK紅白歌合戦』に、少なくとも実力(歌唱力)では郷ひろみさんを上回り、人気(レコードやブロマイドの売上)では野口五郎さんを上回っていた、西城秀樹さんだけが落選したのは、当然代表曲となるべき「ちぎれた愛」「愛の十字架」を西城秀樹さんの歌唱力の高さが納得させられるということで、NHKが世間から封印したかったからではないか、という疑念が今でも残ります。

お亡くなりになってからの事ですので、故人にとっては大変お気の毒に思えて仕方がありませんが、国民の反応がすぐに伝達されるネット社会の今、特に若い方々に、その容姿とアクションのカッコ良さや、人を引きつける歌唱力が絶賛されているのを知るにつけ、デビュー当時(1970年代)は、こうした批判的なメディアにより、その魅力や歌唱力の程度をラップに包んで報道されていたことを再確認し、あらためて胸のすく思いです。

逆にNHKやこれらの批判的なメディアは、お亡くなりになられてからの世間の反応に危機感を抱き、西城秀樹さんの過去の魅力的な映像を、これ以上流すことを避ける様になったのでしょう。あるいは西城秀樹さんが凄かったのは、「新御三家」と呼ばれていたから、つまりその二人のおかげでしょうとアピールしつつ、郷ひろみさんや野口五郎さんの魅力的な映像も、同時に流す様にしているのではないでしょうか。

「西城秀樹さんが1977年に出演した『ビッグショー』がどうして地上波で放送されないの?」というご質問がありましたが、NHKは西城秀樹さんの魅力を若い方々に知られたくないのと疑いたくなりますね。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q132251258...

~ポポ~さん

2020/7/517:40:43

その頃の時期に盟友で戦友みたいな野口五郎さんと共演のはやりました。
数ヶ月後にも全く同じの流してましたよ。

秀樹は昔NHKのドラマに出てたかと思いますがなぜ単独でないのばかりとは思いました。

新御三家と言われてても3人同じ位好きは多分居なく誰派に分かれると思います。

ひろみGOは最近新曲出したみたいですし体鍛えててもムキムキではなく、いつまでも若いのもあるかと思います。

ten********さん

2020/7/517:10:39

生きているから

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる