ここから本文です

坂口拓のやってるウェーブパンチで内臓を破壊するというものがありますが、そんな...

fkq********さん

2020/7/619:01:12

坂口拓のやってるウェーブパンチで内臓を破壊するというものがありますが、そんな筋肉なくてもできるパンチは本当にあるんですか?

空手家にやってて効いてないって動画もあったんですけど、やろうと思えば本当にできるのでしょうか?

閲覧数:
2,061
回答数:
7

違反報告

「坂口拓」の検索結果

検索結果をもっと見る

回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wja********さん

2020/7/1307:25:24

ウェイブは肩甲骨をフルに活用する身体操作で、肩甲骨を原動力に腕を鞭のようにしならせて技を繰り出す。という感じです。

「RE:BORN」を鑑賞した藤岡弘、も絶賛していて、動きを全く知らない人にはわからない。日本の武術の真髄と語っています。

坂口拓はウェイブマスターの資格をもらっていて、ウェイブや戦闘術の技を映画用のアクションとして活用している映画人です。


本物の武道家とのコラボ映像を観るのが一番かと思います。
※ブルース・リーの直系にあたる石井東吾とのコラボ動画。
https://youtu.be/qbVdmkt798Q
ジークンドーの技も身体の内部にダメージを与えるもので、ウェイブとの相違なども語られています。ただ石井東吾氏も結果的にはウェイブ使っている模様です。
禁じ手について
https://youtu.be/Tb4morUhRbI

※空手 松濤館流の浅井星光とのコラボ動画。
坂口拓と浅井星光は約20年前に「VERSUS」で共演しているからか会話がはずんでます。
https://youtu.be/hu4Pbrs2G_0

https://youtu.be/hZ0FSswyAGY

「RE:BORN」のBlu-rayの特典DVDのBEHIND THE SCENES OF RE:BORNの20分25秒からウェイブを使って双方からロッカーを殴りあうという本編にはない凄い映像が見れます。


※総合格闘家(MMA) 矢地祐介とのコラボ動画。
これは面白いです。
https://youtu.be/Eftn15vQS_M

fht********さん

2020/7/1221:12:41

まずはこちらを見てください!
https://youtu.be/4pggJ6YwElc

kic********さん

2020/7/1108:53:14

動画見ましたがあれが全てでしょうね。押忍と言っていたのでフルコン空手だと思うのですが、何発入れてもボディパンチが効かない。坂口氏が少しキレて本気で行くからと打ち込んでも相手はニヤニヤ。そしてジョークで腹を打ち返されるとキレて顔面を殴ってしまう(周りが止めてましたが)。しかしその顔面パンチ受けても相手は苦笑。
大体、50%解放とか語ってますが漫画の見過ぎです。そもそもパンチを打つと肩甲骨が動くのは運動学と解剖学的に当たり前ですから。その動きの幅をパーセンテージで語ってもそこまで凄い違いがあるとは思えないですね。バレーの選手などで肩甲骨が柔らかく、コースを打ち分ける才能に恵まれているなどありますが、常人より数倍も強いアタックを打てるなんてあまり聞いたことがありません。
坂口氏もジョークでウェーブパンチとか語っているのだと思いますよ。

  • kic********さん

    2020/7/1120:39:03

    ジョークでなければ誰か注意してくれる人が周囲にいないと裸の王様になってしまいます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bab********さん

2020/7/1013:34:40

誰が空手家に攻撃したんでしょう?
高度な身体操作は個人個人がコピーするような習得は難しく、
(メイウェザーの動きや、雑技団の演技は誰でもは出来ない)

どんな技も習得者本人でなければ本人レベルには効かないのは当然です。
真似のウェイブでは、その時は何にもならないのではないでしょうか。

パンチ力は、安定した足腰や腹筋背筋、全身の制御からもよく生まれます。
自分だけの感覚で己の全身を制御するのは何かのトップクラスはやっていますが、
最高過ぎて出来ないですよ。

ウェイブパンチはでんでん太鼓のように、パワー元が腕だけではなく、
手を鈍器にするパンチに似ているように思います。
似たような技でも十分に痛いと思いますが、
内臓が破裂するかどうかは習得度と相手の状態による。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rab********さん

2020/7/623:33:47

腕や肩の筋肉ではなく、体のしなりを利用した打撃法ですが、

身体操作がある程度できる人であれば特別難しい技術ではありません。

スポーツ格闘技の選手でも無意識に使用している人もおります。

ウェイブというネーミングや肩甲骨という限定的な部位に惑わされないようにしてください。

また、内臓破裂はちょっと大げさですね。

皮膚表面や筋肉にではなく、体内部に浸透するような衝撃がきますが、ただそれだけです。

もっとも、「動いている・攻撃してくる・必死によける相手」にそういった打撃をあてるのが1番難しいです。

止まってミットを持っている人相手に演武するのは誰でもできますよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる