ここから本文です

心理学に詳しい人に質問です。 一度信じた物を疑わなくなる事を 心理学で「*...

yam********さん

2020/7/901:31:14

心理学に詳しい人に質問です。

一度信じた物を疑わなくなる事を
心理学で「**効果」というような表現はありますか?

例えば一旦信じた結婚詐欺師にお金を底なしに貸してしまうとか

高額なお金を払って入ったセミナーで
大金を払ったのだから
この情報は本物にちがいないと思い込んでしまうとか

あと宗教なんかも同じだと思いますが
本物の宗教なんだから夢が叶うに違いないと思い込むとか

以上よろしくご教示お願い致します。

閲覧数:
41
回答数:
3

違反報告

回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

Ωさん

編集あり2020/7/905:33:20

【確証バイアス】です。

一旦信じた事を、やっぱりそうに違いないと確信できる材料を無意識に集めてしまうのです。


例えば【彼は私のことが好き】と信じたとします。すると、あの時駅でバッタリ会ったのも、きっと私のことが好きだからに決まっている!!と確証バイアスがかかっていくのです。

そのうち関係ないことまで結びつけていきます。


彼の好きな色が目につき始め、(例えば赤)信号が赤になっただけで!あ!やっぱり彼は私のことが好きなんだわ!と勝手に理由をつけていきます。

ちょっと極端な事を書きましたが、信じた事に対して理由付けられる事を自分の思考の中に集めていく事を言います。

確証バイアスをかけているのは自分自身で、〈自分に暗示をかけている〉状態ですので、他人がどれほど〈彼に騙されてるんじゃない?〉と言われても聞きません。

〈それって詐欺みたいだよね〉と周りが冷静になる事を勧めても、〈きっとみんなは私が彼に愛されていることに嫉妬しているんだわ〉とさらに確証バイアスをかけていきます。


※他の方の回答も理由として当てはまると思いますので、参考になると思います。

依存、もしくは手段の目的化です。
宗教に依存すると、幸せになるための手段であった宗教が生きるための目的となります。
幸せになる、と言うゴールを捨てて宗教の信仰が目的に変わっているからです。

仕事は生活に必要なお金を稼ぐ手段で、家族を支えるために必要です。
しかし、仕事に没頭するあまり、家庭を捨ててまで仕事をしようとする人、賃金が貰えなくても会社へのボランティアに興じる人、こういうのもそれです。
いわゆるワーカーホリック。

何かに依存することで生き甲斐を作る、無趣味で無知な人はこうなりやすいようです。


アルコール依存症、買い物依存症、ギャンブル依存症、セックス依存症とかもこれと同じです。

金の成る木を教えるばかはいない
ばかがいないと社会が成立しない
騙されるばかがいないと経済が回らない

これだけ

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる