ここから本文です

弓道についてです。自分は今高校生で12キロの弓を引いていて和帽子を使っています...

gth********さん

2020/7/1100:21:46

弓道についてです。自分は今高校生で12キロの弓を引いていて和帽子を使っています。ただここ最近ずっと妻手に力がどうしても入ってしまい(握ってしまう)離れがほとんど緩むか戻り離れになってしまいます。それが3か

月くらい続いていて的中率もいって平均10%とかです。そこで先生から堅帽子に変えてみるのもありじゃないかと提案されました。(堅帽子だと握ることは出来ないので)この自分の症状で堅帽子にしたら少しは改善されるのでしょうか?周りが和帽子ばかりなので気になります。

閲覧数:
19
回答数:
1

違反報告

回答

1〜1件/1件中

mor********さん

2020/7/1308:21:36

和帽子で握ってしまう場合、堅帽子に変えると、もっと悲惨な状況になります。
堅帽子は文字通り、親指が硬いので、帽子の中で親指がどうなっているか分かりません。それを「握ることが出来ない」と思ってはいけません。帽子の中で、親指は握る方向に力を掛けてしまいます。
当然に、中指、人差し指もそうなります。
そうなると、どんなことが起こるのかは、詳細に書くのは面倒なので、ご想像にお任せします。
先ずは、なぜ握ってしまうのか、なぜ離れが緩んでしまうのかの原因を探るべきと考えます。
その原因が分からなければ、道具を変えても無駄です。
問題点が増えるだけです。

おそらく、ですが、弓手の手の内も握っていると思います。
両手を握ると大きく引き分けることが出来ず、会に至ることができません。
会に至っていないところで離れようとすると、緩むしかなく、また、両手を握っているので、離れる前に握っている力を緩めるという一つの動作が加わります。
その結果、せっかく引っ張った矢尺を縮める(戻る)ことになってしまいます。
12キロくらいの弓であれば、何も握る必要はなく、引き分けを肘に委ねれば良いのではないですか。

安易に、道具を変えることはお勧めしません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる