ここから本文です

以前、BS放送の放送大学を漠然と見ていたら、島内裕子氏が徒然草を論じていて、兼...

ryu********さん

2020/7/2007:00:03

以前、BS放送の放送大学を漠然と見ていたら、島内裕子氏が徒然草を論じていて、兼好法師は庵に閉じこもって昔の書物に学んで施策するスタイルに隘路を感じていたが、

ある時期から世間の暮らしの中に入り込んで庶民と直接接することで隘路を脱出した、というようなことを言っていました。最近ふと思い出して徒然草を読もうと思っているのですが、隘路からの脱出というのは何段目当たりのことを言っているのでしょうか?

閲覧数:
18
回答数:
1

違反報告

回答

1〜1件/1件中

ori********さん

2020/7/2122:45:07

本名“うらべかねよし”は引き篭もりだったのか?ふむふむ‥。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる