回答受付が終了しました

司書って読書の意味が判ってなくないですか?

司書って読書の意味が判ってなくないですか?

補足

私は読書って精神を深める営為だと思うんですが精神のない専門人である司書には絶対通じないと思う。

図書館 | 哲学、倫理57閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

回答(3件)

0

確かに、わかってないかもしれません。 貸出至上主義、利用率、滞在型図書館… どれをとっても読書の本質を探れては おらず、精神的には浅い。 精神性は置いてけぼりかもしれませんね。 それは、図書館が公共の場である限り、 逃れ得ない宿痾のようなもの。 官営でも私営でも、公共機関である 図書館では、豊かな読書生活は送れない? でも、運営側はそれでも、図書館が 知的創造の場であるべく、日々改善を 続けています。 図書館が読書のためだけに目的を集中し、 或いは今の利用者を半分は切り捨てる… 抜本的な改革を行えば、精神的に豊かな 土壌となり得るのですが、それは難しい。 世俗的な図書館は非常に有意義な一方、 読書を通して思想を深めたい方には 適さない空間であることは否めません。 専門人とは何か、よくわかりませんが、 アメリカの図書館などは、より知的創造を 深めるための場として、図書館司書の 専門化が進んでいるそうです。 専門性を極めた先に何か、万人が納得する 図書館の姿があるのやもしれません。 とにかく、今の日本で、知的創造は精神性と イコールではないだろうと思います。 でも、精神は本に宿ってますので、司書が 殊更に前面に押し出すのも違う気がする。 司書は陰日向に動き、図書館の胎動を 支える、黒子であるべきだと思います。

0

読書で精神が深まったの〜? 何メーター位〜? 深まったらいい事あったの〜? 「深まる」って物理空間表現の比喩だけど〜。 温泉出そう〜?脳味噌も出そう〜? ババンバ♪バンバンバン♪