自動車のタイヤ交換は成人男子なら殆どの人が出来るのに、バイクのタイヤ交換を自分でする人が少ないのはどんな理由でしょうか? 昭和や平成初期は、自分でやる人も多かったのでしょうか?

自動車のタイヤ交換は成人男子なら殆どの人が出来るのに、バイクのタイヤ交換を自分でする人が少ないのはどんな理由でしょうか? 昭和や平成初期は、自分でやる人も多かったのでしょうか?

車検、メンテナンス | 自動車244閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

もう、見た目でわかるでしょ。 バイクはホイール脱着が面倒だからです。素人にはまず無理。

2人がナイス!しています

その他の回答(17件)

1

タイヤ交換って、タイヤ付きホイールの交換の事を言ってると思うけど、お訊ねの件ですが、車には今は少なくなってきてるスペアタイヤがあり、パンクなどした場合交換出来るので、交換作業が出来なければなりません。バイクは当然ながらスペアタイヤなど積めないので、パンクしたら救援を呼ぶしかありません。よって自分で交換するという場面が無いに等しいので、出来なくても問題ない。

1人がナイス!しています

1

それってタイヤ交換ではなく、タイヤの着脱ですよね? 車のタイヤ交換もホイールからの着脱になれば、できない人はバイクと一緒ぐらいでは? バイクのタイヤも太いと手でやるのが大変。 ビードブレーカー買うぐらいならお店で3,000円工賃払ってやってもらう方がコスパ良いのでは。

1人がナイス!しています

2

確かに二輪のタイヤ脱着はブレーキ周りの分解を伴うので専門性の高い技術や工具などの設備が必要になります。 理屈は解っていても実際の作業は教科書(サービスマニュアル)通りになかなかいかないです。 分解・組立は出来ても最終調整は非常に手間がかかりますし、万一不測の事態で作業を失敗すると素人ではリカバリーが困難です。 時代を問わず素人が手を出すにはハードルが高いですね。

2人がナイス!しています

スーパーカブ程度の小さなバイクなら、何度も自分で行ってますがね。 でも所詮は素人作業、ホイールバランス調整までは無理です。