回答受付が終了しました

古文の問題を教えてください(鴟得腐鼠 )

古文の問題を教えてください(鴟得腐鼠 ) 悟桐 練実 れい泉 と対照的な語を本文中から抜き出して答えなさい

画像

日本語18閲覧

回答(1件)

0

「悟桐・練実・醴泉」の三つは、巨鳥『鵷鶵』が羽を休めたり飲食したりする唯一のものとして例示されています。 『鵷鶵』と対照的に描かれている鳥は『鴟』(フクロウ)ですが、この鴟が今まさに食べようとしているのは「腐鼠」。 つまり「悟桐・練実・醴泉」の対象語は「腐鼠」です。 ちなみに荘子は荘子自身を「鵷鶵」、恵子を「鴟」、梁の国を「腐鼠」に例えています。「悟桐・練実・醴泉」は、卑俗な価値を超越した荘子自身の高尚な理想を表しています。理想以外眼中にない自分にとっては、恵子が宰相を務める梁国など鼠の死骸ほどの価値もないと嘲笑っているのです。