ID非公開

2020/7/27 13:00

33回答

ジュラシックワールド炎の王国の終盤、オーウェンがブルーに

ジュラシックワールド炎の王国の終盤、オーウェンがブルーに 俺と一緒に行こう。安全なところに連れて行ってやる。 と言って檻の方へ目配せしましたが、ブルーは森の方へ去って行きましたよね。 それはつまり、ブルーは嫌だと言いたかったということなのでしょうか。

外国映画560閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

0

育てられたので仲間意識はあるがもう檻に入れられたり自分の伺い知らぬ場所へ連れて行かれるのはごめんだって感じかなと思います。 そこまで人間とズブズブな関係性を作る気もないのかなと。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

それぞれ解釈の違いがあって勉強になりました。 ありがとうございました。 一番納得できたものをBAにさせていただきました。 個人的にはブルーがオーウェンのことを父のように慕っていたらいいなと思います。

お礼日時:7/31 23:23

その他の回答(2件)

2

ブルーは、感謝の意は込めつつも …仲間がいるであろう方を選んだ。 種としては、正しい選択だったのかもしれない。 人間に安全・保護されるのではなく、誇り高き恐竜である自覚が芽生えた ・・・ってな見方をオレはするのだけども だから結果的には「嫌」だったのかもしれないが、 しかし、単なる拒絶とは違うと、そう思う。 しょっぽクン

2人がナイス!しています

1

その通りやね。 ブルーは賢いからオーウェンが頼りにならん事を見抜いていたんやろうね。 「ダメなお父さん、守ってあげなきゃ」と思っとったんやろう。 「お気持ちだけ頂いときます」と言って去っていたんやろね。

1人がナイス!しています