回答受付が終了しました

1. 需要の理論、需要曲線のシフト、消費者行動の理論を中心として、経済における需要サイドに関する

1. 需要の理論、需要曲線のシフト、消費者行動の理論を中心として、経済における需要サイドに関する 理論をまとめる。 2. 供給の理論、供給曲線のシフト、利潤及び費用を中心として、経済における供給サイドに関する理論 をまとめる。 3. 完全競争市場における市場均衡、超過需要や超過供給の状況から均衡状態への変化、需要曲線あるい は供給曲線がシフトした場合の均衡点の変化など、市場に関する理論をまとめる。 4. 消費者余剰、生産者余剰、社会的余剰、その他ダフ屋行為や課税の影響等、余剰分析について勉強し た内容をまとめる。 この四つのテーマについてレポートを書くとしたらどれが一番書きやすいでしょうか?

経済、景気16閲覧

回答(1件)

0

「需要サイドに関する理論」や「供給サイドに関する理論」なんて星の数ほどありますし、それをまとめようとしたら英語論文を何千本読んでも足りません。 他のテーマにしてもそうですが、漠然としすぎていてどの程度の内容が求められているのかこの質問文を読んだだけでは分かりません(おそらくこの宿題を出したのは経済学の論文なんてほとんど書いたことのないような方だと思います)。

要するに「講義内容をあなたなりにまとめてきてね」というタイプの宿題ですので、本質は「感想文」と変わりませんし、その授業を受けていないどころかあなたがどこの大学の学生でどの授業を受けているのかすらしらない知恵袋の回答者に聴いたところで参考になる回答を書くことは無理です。