三国志の時代に風呂の文化はなかったそうですが、中国のファンタジー時代劇ドラマを見るとこのような大きな風呂が出てきます。

三国志の時代に風呂の文化はなかったそうですが、中国のファンタジー時代劇ドラマを見るとこのような大きな風呂が出てきます。 古代設定なのに風呂と浴室を出すのはドラマだからであって、実際にはやはり風呂文化はないのですか? また、この巨大な桶のような風呂はなんて呼ばれていますか?

画像

ベストアンサー

3

三國時代に風呂はありませんが、風呂の文化がないわけではありません。ややこしいですが間違ってはダメです。 三國時代の風呂は居室に大きな桶を用意して水を溜めて、その中に座って身体を洗っていました。つまりこの画像がそのまんまです。 まあ、こんなに大きな桶ではなかったとは思いますけど。人が1人座れる程度の、直径1mに満たないような程度の浅い桶だったんじゃないかと思います。洗濯にも使うようなやつ。 この画像がなんのドラマか分かりませんが、時代考証に沿いつつ放送倫理規定(女性の裸が見えたらダメだとかそういうの)にも配慮して、ついでにお付きの人がいるところから豪族とか金持ちの邸宅の設定でしょうから、桶も豪華で巨大ものを使ってた…という事にしてるんでしょう。 ちなみに三國時代の風呂は数日に一度だけです。自分の家に井戸を掘れるような裕福な家は上記のように井戸から汲んだ水を室内の桶に溜めて入ってましたし、そうでない(裕福でない)多くの人たちは川や池などで身体を拭いていました。朝廷や地方の役所に勤める役人達はお勤めの際は基本的に役所に泊まり込みで、数日に一度「沐浴をする」という名目で休暇をもらって家に帰っていました。この「沐浴」がすなわちお風呂です。

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく教えたくださってありがとうございました!

お礼日時:8/4 17:02

その他の回答(2件)

0

一応、こういう文化・習慣はありましたよ。 ただ、数日に1回でしょうね。 日本の戦国以前も似たようなもんですけど。 (日本で今みたいな「風呂」に入るようになったのは江戸以降。)