回答受付が終了しました

ID非公開

2020/7/30 14:05

22回答

スウェーデンまたは北欧に住んでる方に質問です!

スウェーデンまたは北欧に住んでる方に質問です! 僕は、スウェーデンに永住するつもりです。 北欧で設計士として働きたいんですが、日本で20代二級建築士の平均年収が470万程ですが、スウェーデンまたは北欧では平均どのくらいの年収でしょうか? スウェーデン語が分からないので日本語で調べますが、出てきません... そして、ストックホルムで平均的な値段のアパートで生活したら一ヶ月でどのくらいのお金が出てくんですか あと、どこでスウェーデン語を学べますか? 独学でアプリを使ってますが限界があって... あと、僕はゲイなんですがスウェーデンや北欧ではLGBTに対して偏見を見たり聞いたりした事はありますか? 質問が多くてすみませんが、優しい方のお返事よろしくお願いします☆彡

回答(2件)

1

スウェーデンに住んでいます。 今は中学生なのですね。でしたらスウェーデン語を勉強するよりも、英語を勉強することをお勧めします。あなたが優秀な建築家で英語が話せれば、スウェーデンの会社は採用してくれます。 スウェーデンに来たことがありますか?何故スウェーデンなのでしょう。何故こんなことを聞くかというと移住後に「スウェーデンにはもう住みたくない」と帰国したり、他の国に行ってしまった人をたくさん見てきたからです。 スウェーデンに留学生として住んで、それでも永住したいと思えたならばそれから仕事を見つける方法を考えれば良いと思います。 KTH(スウェーデン王立工科大学)はとてもレベルの高い大学です。他の科目の成績を高く維持しながらスウェーデン語を大学入学可能レベルまで上げるのは現実的ではありません。一番楽なのは日本の提携大学に入学して、(英語で授業が受けられる)交換留学生として入ることです。ただ日本の提携大学も東大をはじめとする難関校ばかりですので、そちらの勉強を頑張らないといけませんね。 スウェーデンの建築家協会みたいなところのサイトにスウェーデンで働きたい建築家に向けた情報があったのでリンクを貼っておきます。言語や給与についても書いてあります。 https://www.arkitekt.se/information-for-foreign-architects-looking-for-work-opportunities-in-sweden/ 日本の建築士の資格がスウェーデンで認められるかどうかは、条件がコロコロと変わるのでその時になったらその年度の条件を確認する必要があります。 LGBTについていえば個人レベルで偏見を持っている人はいるでしょうが、それを口に出すことはいけないことだという認識はあるようです。 中学生は勉強、その他で色々と忙しいでしょう。時間を効率に使って夢を実現させてください。

1人がナイス!しています

1

スウェーデンの物価・税負担・社会保険料が高いのは御承知と思います。但し社会保障制度が充実していますので万が一のための貯蓄は不要と聞きました。 設計士の月収目安 - 35212クローネ(税・社会保険料込) スウェーデンの平均月収目安 - 26111クローネ(税・社会保険料込) 〜税・社会保険料差引後の手取り金額を知るための参考資料〜 https://itislagom.com/how-much-would-you-earn-in-sweden/ 住居ですが、下記はスウェーデン語のサイトです(ストックホルム市)。グーグルの自動翻訳機能を利用して調べて下さい。 https://bostadslistan.se/hyresbostader/stockholm?rooms=1-8&radius=10&rent=0-50000&property_types=apartment&order=rent_asc LGBTに対する偏見があるという話は聞いたことがありません。 日本でスウェーデン語を学ぶ で検索したら次のサイトが見つかりましたが・・・ http://www012.upp.so-net.ne.jp/Mspagesverige/hurstuderarman.html 本気で移住をお考えなのであれば、グーグルの自動翻訳機能でかなりのことが調べられると思います。Eメールアドレスがわかれば、スウェーデン人は英語が達者なので直接英語で照会することも可能でしょう。(在ドイツ語圏)

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/7/30 18:11

参考になる資料を沢山載せていただきありがとうございます‼︎ 以前Googleの翻訳を使って調べたいことを調べてみたがでたらめすぎて、全然分からなくて... 今中学生なので、スウェーデン王立工科大学に留学してスウェーデンで必要とされる人材になれたらと思っています。。 少しずつ翻訳していきたいと思います!