回答受付が終了しました

ID非公開

2020/7/31 5:39

33回答

総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite で変更申請(届出)から新スプリアス対応の技適機種の増設の届け出を行い,先日無事に審査が終了しました.

総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite で変更申請(届出)から新スプリアス対応の技適機種の増設の届け出を行い,先日無事に審査が終了しました. 現在,技適機種を4台所有しており,今回は4台目の増設(1台)だったのですが,第1~第3送信機の登録内容に影響を及ぼしていないか(例えば,誤って第3送信機の置換として第4送信機を登録してしまっているとか,誤って第1~第3送信機を廃止してしまったとか)という点に不安を感じています.ちなみに,今回の変更申請(届出)では電波型式に変更はないため,局免の記載内容に変更はありません. 先日,総務省の「無線局免許証票の廃止等の規制緩和等のお知らせ」にも記載されていましたが,「総合無線局監理システムにおける無線局データベースの充実等を踏まえ、免許状や無線局事項書等の備え付け書類による無線局管理でも支障がなく、かつ、規制緩和の観点も考慮し、平成30年3月1日をもって廃止します。」とありました. したがって,総務省側では私の所持(登録)している送信機を全て把握しているものと思われますが,私の方で登録している送信機(無線機)を確認する方法が分かりません. 実際に管轄の総合通信局に電話確認するしか方法は無いのでしょうか?

回答(3件)

0

昔、まだ電子申請などの制度がなく紙で変更申請をやっていた時は、工事設計書の写しが無線局免許状と一緒に返送されてきて第1送信機~第○送信機がはっきりとわかるようになっていました。電子申請Liteってある部分は何か逆に不便になったような気がします。 当局は各送信機の型名、技適番号を付箋に書いて無線局免許状に貼付しています。「電子申請を使っているのに付箋メモかよ・・」という不満はあります。 jr6********さん御回答のXMLファイル、当局のケース(一部抜粋)ですと -<工事設計1> <装置の区別>1 <技適_番号_記号部>***-****** <装置の区別>2 <技適_番号_記号部>***XX <技適_番号_番号部>*** のように表示されます。上が第1送信機、下が第2送信機です。 *:数字、XX:アルファベット

0

直接確認する方法はなかったかと思いますが(裏技というか)システムの機能を利用して確認できるかと思います。 手順の概要: システムにログインして、 最後に申請した「申請書、添付ファイル」をダウンロードします。 ダウンロードした「申請書、添付ファイル」に情報が記述されているかなーと思いますがXML形式なので、用紙形式のイメージとして見る事はできないので、その(XMLファイル)を使って、申請の変更を途中まで行う事でWeb画面上で確認できるハズです。 ※.注意点: あくまでも申請書の情報を用紙イメージとして見るだけが目的なので、申請の確定はしないでください。