日本刀の製法について。(美術的な観点ではなく、実用面での質問です。)

日本刀の製法について。(美術的な観点ではなく、実用面での質問です。) 日本刀の製法は一般的に甲伏せ・四方詰めなど、柔らかく粘りのある心鉄を硬い皮鉄で包んだ構造になっていますが、古刀の場合は西洋の剣の如く鉄を折り返して鍛え、柔らかい部分と硬い部分が渾然一体となった構造のものがあります。 前者の製法の場合は、試し切り等で曲がりが生じた場合、木槌などで修正しなければ鞘に納まりませんが、後者の製法の古刀の場合は、数日置いておくと自然に曲がりがもどり、また鞘に納まる場合もあると言います。 太平洋戦争中に軍刀の修理をしていた方の話にも、「意外と日本刀は曲がったり折れたりするものだ。ただの炭素鋼を打ち伸ばして刀の形にしてあるものの方が、より丈夫である。」 そこで質問ですが、何故日本刀の製法が変化したのか、一説によれば鎖国により海外から良質な鋼が輸入出来なくなった。等ありますが、お詳しい方御教授願います。 心鉄を皮鉄に包み込む製法でなければ、日本刀にあらずといった喧伝がされていますが、現代刀の作刀においても製法の規定があるのでしょか?併せてお願いします。

格闘技、武術全般 | 日本史57閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

古刀が無垢鍛えとは限りません。その証拠に来などは来肌といって皮鉄が偏っているため研ぎ減りによって芯金が出ている部分があります。 来は鎌倉時代で、そのころから既に無垢鍛えとは限らず、結局のところ各時代の各刀工の考え次第ではないですか。 現代で製法は折り返し鍛錬をすること以外の決まりはありません。現代でも無垢鍛えを売り物にしていた刀工、注文があれば甲伏せ、三枚など何でもできる刀工がいます。折り返さない打ち延ばすだけの素延刀は日本刀とは言えませんからしてはいけません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど。ありがとうございます。その他、回答をくださった方、ありがとうございました。

お礼日時:8/1 23:12

その他の回答(3件)

0

>何故日本刀の製法が変化したのか あまり変化していないのでは?手動のふいごと小さな炉を備えた工房で鍛造するだけですから。

0

製法の規定はないですが、銃刀法の規定として >美術品として価値のある刀剣類の登録をするものとする。 というのがあるので、軍刀みたいなのは銃刀法上作っても刃物として完成すると没収されます なので現代の作刀においては美術的価値が認められるような必要があります なお、美術的な判断規準はオレオレ規準の模様www

0

>何故日本刀の製法が変化したのか 最初に書かれておられるように美術的な観点からです。 太平の時代では筋骨隆々の男よりも華奢な優男がモテるのと同じですね。